FC2ブログ

田川 建三 : イエスの当時、姦淫は道徳の問題ではなく、私有財産侵害の問題だった。

はじめに


・罪のないものだけが石を投げよ…というイエスの逸話については下の過去記事で取り上げた。

Bart D. Ehrman : もっとも有名なイエスの逸話(罪のないものだけが石を投げよ)は後世の作り話。 (+追加) (2019-03-27)

・この逸話に関連して田川がタイトルの主張をしている。

引用



20190713_tagawa_pp329.jpg


出典



20190611_tagawa_book.jpg

田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10、329頁



コメント


・田川のタイトルの主張は誇張しすぎだろう。旧約聖書の教えが深く社会を律していた古代イスラエルの社会で、姦淫が道徳の問題ではなかった、と言われてもすんなりとは納得できない。私有財産の侵害の意識の方が性道徳の意識より優先していた…という主張ならば、まぁそうかもね、とは思うが。

・田川の主張を真に受けると、なぜ「姦淫」が「石打ち刑」を受け、他の普通の私有財産の侵害では「石打ち刑」を受けないのか、それが全く説明できない。姦淫が道徳の問題ではなく、私有財産の侵害の問題ならば、石打ち刑ではなく、女の価値に相当する金額(+懲罰金)で弁済すれば済む筈。

・さらに、田川は姦淫を「性道徳の逸脱」の面と「私有財産の侵害」の面に分類し、互いに異質な範疇だと見なしているようだが、それにも疑問がある。「性道徳の逸脱」がモラルに反するとされる理由は、妻(or 夫)への独占的性交渉権の侵害だからだろうし、その独占的性交渉権は結局のところ一種の私有財産と見なしうる。

・話題はすこし逸れるが…。人間社会の一員としての性規範が、いわゆる性道徳だが、生物としての性規範は子孫をできるだけ多く残すこと。このふたつの規範(=モラル、ルール)に縛られ、そのふたつが相克する狭間で人間はすったもんだを繰り広げている。

・生物としての性規範は「子孫をできるだけ多く残すこと」だが、人間はこれを「「自己の」子孫をきるだけ多く残すこと」だと錯覚している。全ての人間の遺伝子は決して「ユニーク」ではない。鉄道線路の砂利がどれも「ユニーク」ではなく、代わりは無数にあるという意味で、自分の遺伝子はユニークではない。その意味で自分の代で子孫が途絶えても生物として何の問題もない。その程度の冗長性は最初から組み込まれている。選挙の投票と同じで、自分の一票(遺伝子)が政局(子孫の流れの方向)を左右することはない。

・さらに我が子でさえ、既にその遺伝子の半分は自分とは異なる。「自己の」子孫…という概念は幻想でしかない。

・仮に我が子の遺伝子が 100% 同じでも「自分」の子孫ではない。一卵性双生児は互いに別人であり、その意味で「自分」ではない。ゆえに遺伝子が同じ=自分のコピー…は錯覚。

・神経細胞を含め肉体全体を素粒子レベルでコピーし、 100% 同じだったとしても既に、自分ではない。なぜなら、コピーの身体とオリジナルの身体を同時に自分のものと意識しえないから、よく似た他人でしかない。そっくりさんがどれほど増えようが、私自身は増減ゼロ。

…話が、かかなり脱線したようだw

(2019-07-15)

イエスの説いた「貧しい者は幸い」の無理のない解釈 (途中:その1)

はじめに


・タイトルの件も下の過去記事に深く関係している。

田川建三の「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ…というイエスの教えは、憤りの呻きだ」説は間違っている。(途中:その2) (2019-07-01)

・このイエスの教え(貧しい者は幸い)の解釈は、田川の説を含め、どれも無理がある。上の過去記事に関連して、無理のない解釈を思いついたので記録しておく。

イエスの説いた「貧しい者は幸い」の教え




20190706_tagawa_pp70.jpg


田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10、70頁


「貧しい者は幸い」:田川の解釈




20190706_tagawa_pp71.jpg




20190706_tagawa_pp72.jpg



田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10、71-72頁




出典



20190611_tagawa_book.jpg

田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10



田川の解釈には無理がある






「貧しい者は幸い」はこう解釈すると無理がない









(2019-07-06)

田川 建三 : キリスト教的イデオロギーの変遷を要約すると… (途中:その1)

抜粋


・ざっと、以下のような変遷だと。

イエスが説いた実現されない理想
    ↓
その理想が(宗教的理念として)あの世の話に移される。
    ↓
あの世とこの世の二元論的分裂の発生
    ↓
教会と国家の秩序という二元論的分裂が共存支配
    ↓
二元論的分裂の再統一が叫ばれる
    ↓
観念的な平等論の建前が成立

引用




20190706_tagawa_pp147.jpg




出典


20190611_tagawa_book.jpg

田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10、147頁

コメント


・田川らしい見解なので取り上げた。

・上の引用部分の冒頭を読めばわかるが…。「支配する者のいない世界、すべての者が互いに仕えあう世界」という理想をイエスが求めていた…これを田川は大前提にしている。この大前提が間違っているとすると、冒頭以降の引用部分の主張全体がイエスから遊離した話となる。

・引用の冒頭部分の大前提は、たぶん田川の理想の反映に過ぎず、イエスが第一義として求めていた理想ではない。イエスは平等主義者でも民主主義者でもないし(なにせ自分は神の子だと確信していた男だ)、人間の平等を目指す宗教者でもない。イエスが第一義として求めたのは…






(2019-07-06)

田川建三の「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ…というイエスの教えは、憤りの呻きだ」説は間違っている。(途中:その2)

Update


・(2019-07-01 追加)タイトルの件に関連して、田川建三の

  「汝の敵を愛せ」というイエスの教えは逆説的反抗であり、隣人愛の理念に対する批判だ。

  という主張(趣旨)も合わせて取り上げ、この田川の主張も先の主張と同様に間違っていることを説明する(途中)。



右の頬を殴られたら…に関する田川の説


・田川の説を、下に部分的な引用で示す。



20190624_tagawa_133.jpg




20190701_tagawa_137.jpg


出典:
20190611_tagawa_book.jpg

田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10、134, 147頁


問題のイエスの教え


・問題の箇所を新約聖書から引用しておく。


5:38 『目には目を、歯には歯を』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。

5:39 しかし、わたしはあなたがたに言う。悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい。

5:40 あなたを訴えて、下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。

5:41 もし、だれかが、あなたをしいて一マイル行かせようとするなら、その人と共に二マイル行きなさい。

ref: マタイによる福音書(口語訳) - Wikisource - https://ja.wikisource.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E6%9B%B8(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)#5:39



6:27 しかし、聞いているあなたがたに言う。敵を愛し、憎む者に親切にせよ。

6:28 のろう者を祝福し、はずかしめる者のために祈れ。

6:29 あなたの頬を打つ者にはほかの頬をも向けてやり、あなたの上着を奪い取る者には下着をも拒むな。

6:30 あなたに求める者には与えてやり、あなたの持ち物を奪う者からは取りもどそうとするな。

ref: ルカによる福音書(口語訳) - Wikisource - https://ja.wikisource.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E6%9B%B8(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)#6:39


田川説に対する微妙な違和感


・前述の田川の主張は、八木誠一を典型とするキリスト教神学者の神学的タワゴトの羅列に比べると、格段の説得力がある。だから私も長らく田川のこの主張を一応は受け入れてきた。

・だが、受け入れはしたものの、微妙な違和感を感じていた。具体的には指摘できなかったが、田川の説はどこかが変だ、重要な点で見落としがあるのではないか…そういう執拗な違和感があり、それが徐々に大きくなってきた。

・そして最近になってようやく、

  ・田川の説は何を見落としていたのか。

  ・田川の説のどこが間違っているのか。

 に気づき、違和感の大部分が解決できたと感じている。そこでざっとそれを記録しておく。

・当然、田川が「まったくその通りだ」と肯定する吉本隆明の「底意地の悪い忍従」説も間違っていると私は判断している。

・なお、以下の説は私独自の思いつきだが、キリスト教に疎い私が知らぬだけで、すでに1000年以上昔の誰かによって主張されているのは確実だと思う。つまりキリスト教界隈では流行らぬ陳腐な説だろう。

結論


・結論を先に述べる。

・田川の「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ…というイエスの教えは、憤りの呻きだ」説は、たぶん間違っている。

・説教者や神学者連中による、愛だの寛容だのという説は論外。

・イエスは「憤りの呻き」として「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ」と教えたのではない。

・イエスは「神に対する服従」の証(意思表示)として「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ」と教えた。

・田川は人間の支配者(ローマ帝国やユダヤ教宗教支配階級)による不条理な抑圧を問題にしている。

・だが、イエスはそれらの不条理な抑圧を神からの試練(ref: ヨブ記)と見なした。

・神からの試練と見なしたがゆえに、イエスは「神に対する服従」の証として「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ」と教えた。


田川説は何を見落としたのか








田川説のどこが間違っているのか








「神に対する服従の証」説の根拠








敷衍すると…:イエスが説いたのは神への服従であり、愛ではない


・ついでに…。以上の説を敷衍して若干、挑発的な仮説を以下で述べておく。

・従来、イエスは愛を説いた…とされてきた。だが、そうではない。イエスの教えの第一義的な主題は神への服従であり、その服従すべき神が愛を命じているから付随的に愛も説いただけだろう。イエスにとって最優先されるべきは神への服従であり、愛ではない。










(2019-06-24)





(以下、2019-07-01 追加分)

はじめに


・当初、2019-06-24 に記述した「結論」を詳しく説明するつもりだったが、タイトルの件に深く関連した、田川建三の

  「汝の敵を愛せよ」というイエスの教えは逆説的反抗であり、隣人愛の理念に対する批判だ。

  という別の主張(趣旨)を追加し、

  ・この田川の主張も「右の頬を殴られたら…」に関する彼の主張と同様、間違っている。

  ・このイエスの教えも「神への服従」の証として捉えれば、すんなり理解できる。

 ことを以下で説明する。

「汝の敵を愛せ」というイエスの教えに関する田川建三の主張


・以下、引用で示す。


「敵への愛」とは所詮矛盾なので…(skip)…逆説的反抗として語られた時にのみはじめて意味を持つ。
…(skip)…
これもはっきりと、「隣人愛」の理念に対する批判として主張されている。

20190701_tagawa_pp49.jpg


ref: 田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10、49頁



この言葉は、支配権力が「敵」をつくり出すことによって、人民をみずからの支配下にかかえこむことに対する逆説的反抗として、このように言われてこそ意味を持つ。

20190701_tagawa_pp50.jpg

ref: 田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10、50頁


出典


20190611_tagawa_book.jpg

田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10、

この田川の主張も間違っている


・田川のこの主張は良く言えば創造的誤読。田川自身のマルクス主義に色濃く染まった政治思想をイエスに投影した解釈であり、イエスの教えの趣旨とはまるで異なる。

イエスが「汝の敵を愛せ」と説いた理由


・上の引用箇所で田川が述べている通り、「敵への愛」は所詮矛盾。なぜイエスはそのような矛盾することを教えたのか?

・それは、イエスにとっては矛盾ではなかったから。イエスにとって敵とは、神の与える様々な試練のひとつでしかない。それが神の与える試練ならば、それを受け入れるしかないし、渋々受け入れるよりは、進んでドシドシ、それも徹底して受け入れるべきだ…これがイエスの発想。

・神の与えた試練であるから、渋々受け入れるのではなく、「積極的かつ要求されたレベル以上、合格点以上、いや満点レベルを超えても」受け入れるべきだ…というイエスの苦行者的な発想が

  ・悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい。

  ・下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。

  ・だれかが、あなたをしいて一マイル行かせようとするなら、その人と共に二マイル行きなさい。

 という教えの土台となっている。(7の70倍までも許せ…というマタイ 18:21 も似たような苦行者的な発想がベースにある)


・イエスにとって、神の与えた試練の一つがたまたま敵という形をとっているだけ。それゆえに、神の与えた試練を「積極的かつ求められた以上に」受け入れるべきだとなれば、必然的に敵を憎むのではなく(神さまの与えてくださった試練としての敵を)ありがたく味わい、愛すべきだ…という発想になる。ここには田川の言うような意味での矛盾はないし、底意地の悪い忍従だの逆説的反抗だのという陰鬱な解釈の出番もない。







苦難の僕(イザヤ書 53章)との関連









(2019-07-01)

履歴


(2019-06-24) 作成
(2019-07-01) 追加

田川建三の「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ…というイエスの教えは、憤りの呻きだ」説は間違っている。(途中:その1)

田川の説


・田川の説を、下に部分的な引用で示す。



20190624_tagawa_133.jpg




20190624_tagawa_137.jpg

出典:

出典:
20190611_tagawa_book.jpg

田川 建三、『イエスという男 第二版 増補改訂』、作品社、2004-06-10、134, 147頁


問題のイエスの教え


・問題の箇所を新約聖書から引用しておく。


5:38 『目には目を、歯には歯を』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。

5:39 しかし、わたしはあなたがたに言う。悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい。

5:40 あなたを訴えて、下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。

5:41 もし、だれかが、あなたをしいて一マイル行かせようとするなら、その人と共に二マイル行きなさい。

ref: マタイによる福音書(口語訳) - Wikisource - https://ja.wikisource.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E6%9B%B8(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)#5:39



6:27 しかし、聞いているあなたがたに言う。敵を愛し、憎む者に親切にせよ。

6:28 のろう者を祝福し、はずかしめる者のために祈れ。

6:29 あなたの頬を打つ者にはほかの頬をも向けてやり、あなたの上着を奪い取る者には下着をも拒むな。

6:30 あなたに求める者には与えてやり、あなたの持ち物を奪う者からは取りもどそうとするな。

ref: ルカによる福音書(口語訳) - Wikisource - https://ja.wikisource.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E6%9B%B8(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)#6:39


田川説に対する微妙な違和感


・前述の田川の主張は、八木誠一を典型とするキリスト教神学者の神学的タワゴトの羅列に比べると、格段の説得力がある。だから私も長らく田川のこの主張を一応は受け入れてきた。

・だが、受け入れはしたものの、微妙な違和感を感じていた。具体的には指摘できなかったが、田川の説はどこかが変だ、重要な点で見落としがあるのではないか…そういう執拗な違和感があり、それが徐々に大きくなってきた。

・そして最近になってようやく、

  ・田川の説は何を見落としていたのか。
  ・田川の説のどこが間違っているのか。

 に気づき、違和感の大部分が解決できたと感じている。そこでざっとそれを記録しておく。

・当然、田川が「まったくその通りだ」と肯定する吉本隆明の「底意地の悪い忍従」説も間違っていると私は判断している。

・なお、以下の説は私独自の思いつきだが、キリスト教に疎い私が知らぬだけで、すでに1000年以上昔の誰かによって主張されているのは確実だと思う。つまりキリスト教界隈では流行らぬ陳腐な説だろう。

結論


・結論を先に述べる。

・田川の「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ…というイエスの教えは、憤りの呻きだ」説は、たぶん間違っている。

・説教者や神学者連中による、愛だの寛容だのという説は論外。

・イエスは「憤りの呻き」として「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ」と教えたのではない。

・イエスは「神に対する服従」の証(意思表示)として「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ」と教えた。

・田川は人間の支配者(ローマ帝国やユダヤ教宗教支配階級)による不条理な抑圧を問題にしている。

・だが、イエスはそれらの不条理な抑圧を神からの試練(ref: ヨブ記)と見なした。

・神からの試練と見なしたがゆえに、イエスは「神に対する服従」の証として「右の頬を殴られたら左の頬を向けよ」と教えた。


田川説は何を見落としたのか








田川説のどこが間違っているのか








「神に対する服従の証」説の根拠








敷衍すると…:イエスが説いたのは神への服従であり、愛ではない


・ついでに…。以上の説を敷衍して若干、挑発的な仮説を以下で述べておく。

・従来、イエスは愛を説いた…とされてきた。だが、そうではない。イエスの教えの第一義的な主題は神への服従であり、その服従すべき神が愛を命じているから付随的に愛も説いただけだろう。イエスにとって最優先されるべきは神への服従であり、愛ではない。










(2019-06-24)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR