FC2ブログ

Dana Coverstone : 予知夢について質問に答える。

前置


・数日前に up された Dana Coverstone のインタビュー動画。

・冒頭から 5:10 あたりまでは youtube チャンネルの宣伝なのでスキップ推奨。時間の無駄。

抜粋(デタラメ)


・5:15 から Dana Coverstone 本人の登場。

・私の住む地域の人口は 1400人。私の教会の信者は 80人しかいない。なのに予知夢を語った 15分の Facebook の動画は数百万人が見ており、反響にたじろいでいる。この動画は Facebook で今年、最も共有されたものだと公認されている。

・28:20 私は Trump の支持者で、Trump に投票した人間だ。だが、私の予知夢ではワシントン/ホワイト・ハウスには(大統領がいないというだけではなく)指導者が誰もいなかった。もしかすると混乱を避けるために地下壕などに退避していたのかも。

・35:20 host が中国とロシアの兵士、国連の兵士が混乱した市街で米国民に指示していた件で、質問。
  Q) その情景は比喩的な感じ(たとえば、中露の影響力の比喩)なのか、それとも実際に中露の兵士が実際に米本土を押さえているという感じなのか?

  A) 米軍の姿は全く見かけなかった。中露の軍事輸送の情景、戦車、国連の軍車両は見かけた。
    (中露による)米本土の占領のシーンは見ていないが、中露の兵士が米本土(ワシントンとは限らない)の安定化のために登場したシーンを見た。

動画(45:36)


Prophetic Pastor Dana Coverstone | Ep 40
2020-07-25


(2020-07-28)

神が存在してもこの世界から悪や悲劇が消えない理由 (途中:その2)

履歴


(2020-07-25) 追加
(2020-06-26) 作成


前置


・…を思いついた。大した内容ではないが忘れない内に記録しておく。たぶん、誰かが同じようなことを思いついて述べている筈。

背景


Richard Carrier 博士 : 神は存在しない。それは 2300年前に論証されている。 (2018-11-25)

関連


神はどこにいるのか?

神が存在するのならば、神は私に許しを請わねばならない (2013-05-20)

田川建三の「存在しない神」に対する恨みと未練 (2018-08-26)

田川建三:「真のクリスチャンは神を信じない」。なぜなら神は偶像であり、実在しないゆえに。 (途中:その1) (2018-08-10)


メモ:キリスト教における「邪悪な存在」と神 (2012-02-01)

田川 建三 : イエスが抱えていた人間的ゆがみ、屈折、愚かさ。 私:イエスの最後の言葉はこうあるべきだった。 (2019-07-24)

エピクロスのパラドクス



He is famous also for the Epicurean paradox:

Is god willing to stop evil, but unable? Then he is not omnipotent.
Is he able but not willing? Then he is evil.
Is he willing and able? Then why is there evil?
Is he unable and unwilling? Then why is he god?

ref: https://www.reddit.com/r/philosophy/comments/2hippw/epicurus/


エピクロスのパラドクスはこうすれば解ける








(2020-06-26)




(以下、2020-07-25 追加分)

前置


・上のパラドクスを述べたエピクロスも、


「神が邪悪を廃することを欲しないか、廃することができないか、どちらかである。もし彼がそれを欲しないのであれば、神は善ではない。もし彼がそれをなし得ないのであれば、神は全能ではない。」
 ref: メモ:キリスト教における「邪悪な存在」と神 (2012-02-01)

 と述べたアウグスティヌスも、

 神が存在するのならば、神は私に許しを請わねばならない (2013-05-20)

 と彫った囚人のユダヤ人も、

 神はどこにいるのか?

 と問い、皮肉な答えをぶつけた Elie Wiesel も、

 田川建三の「存在しない神」に対する恨みと未練 (2018-08-26)

 の田川建三も、みな勘違いをしている。彼らは皆、(全能にして善なる神がいるのならば)

  「神は我々人間を放置しない筈だ。人間の苦境や苦難救ってくれる筈だ」(GSU)

 という神に対する強烈な依存と未練を抱いている。この GSU は幼児が母親に抱く心情を成人後も神に投影したものだから、根深い。

・だが、全能にして善なる神がいても GSU は成立しない。つまり、全能にして善なる神は人間を救わない。その理由は単純。それを理解するのに、難解な神学や禅問答めいた精神世界の戯言などは不要。常識で足りる。

・問題は全能という言葉。この全能という言葉が落とし穴。その落とし穴ゆえにパラドクスと見なされてきた。だが、以下のように無限集合論のアナロジーによって落とし穴が回避できる。

万能にして善なる神が人間を救済しないわけ










蛇足


・この問題に絡めて田川の
田川建三:「真のクリスチャンは神を信じない」。なぜなら神は偶像であり、実在しないゆえに。 (途中:その1) (2018-08-10)
 という主張を考えると…


(2020-07-25)

釈尊はたぶん解脱しなかった。 (途中:その1)

前置


・タイトルの件は以前から考えていたものだが、誰もこのような説を述べていないと思うので文章にしておく。

・なお、このような説を主張するが、私自身は釈尊を深く尊崇している。

主題


・仏教思想の要は四諦。よって四諦を「正面から」否定できる仏教徒は大乗だろうが密教だろうが存在しない筈。その四諦は輪廻の実在を前提としている。そして、その輪廻が続く仕組みと、その仕組みを終わらせる原理と具体的方法を四諦は説いている。

・その四諦を説いた釈尊は、四諦を悟ったことで自身が解脱した(=輪廻を終了させた)と主張している。

・さて…。輪廻が存在し、釈尊の説いた四諦が正しかったと仮定したとき「釈尊は解脱しなかった」可能性がかなり高いことが経典の記録に基づいて導き出せる。

・釈尊が解脱しなかったとすると、以後の全ての仏教宗派の教祖やその修行者、僧も解脱していないことになる。つまり、全ての仏教の目指す究極の目的も瓦解していたことになる。

説明








(2020-07-21)

勝又 壽良 : 道教は不老長寿を祈願するニセの宗教だ。

一部引用



中国に、経済倫理観は存在しない。これは、中国人に来世への信仰という真の宗教が存在しない結果だ。漢民族に、不老長寿を祈願する道教という「ニセ宗教」は存在する。だが、これは信仰と呼べるものでない。こういう社会ゆえに、経済行動を律する経済倫理は育たなかった。哀しい民族である。倫理観なき民族は、発展するはずがない。行動をセルフコントロールする術がないからだ。

ref: 中国、「世紀の詐欺」ナスダック上場企業、担保の純金83トンは銅に「金メッキ!」 : 勝又壽良のワールドビュー - http://hisayoshi-katsumata-worldview.com/archives/23496035.html


コメント


・もしも老荘思想を道教に一切含めないとすれば(その仮定は無理だが)、勝又の主張もわからなくはない。道教から老荘思想をごっそりと消去してしまえば、他愛もない仙人神話と無意味な長寿技法というカスしか残らない。

・勝又は「来世への信仰という真の宗教」というが、それも断定が過ぎる。文脈から勝又はキリスト教を真の宗教に含めていると理解できるが、キリスト教は来世への生まれ変わり(=輪廻)を認めていない。死後は最後の審判までの仮の場所として肉体を持たずに天国や地獄に赴く。最後の審判の後にはこの現世の肉体が蘇りその肉体のまま永遠に天国や地獄で過ごすのであって、来世があるのではない。天国や地獄を来世と強引にみなせば、そういう解釈も可能かも知れぬが。

・勝又の言う「来世への信仰という真の宗教」という主張が破綻するのは、(後の歪曲された仏教ではなく)釈尊本人が説いた宗教で、その最終目的は来世を断つ事にある。つまり「来世の拒否と消滅」となっており、それが解脱。

・ついでながら…。問題は釈尊の方法(=来世の存在を大前提とした上で、その消滅を目指す技法)で本当に来世を断てるのか、という点。

(2020-07-04)

神が存在してもこの世界から悪や悲劇が消えない理由 (途中:その1)

前置


・…を思いついた。大した内容ではないが忘れない内に記録しておく。たぶん、誰かが同じようなことを思いついて述べている筈。

背景


Richard Carrier 博士 : 神は存在しない。それは 2300年前に論証されている。 (2018-11-25)

関連


神はどこにいるのか?

神が存在するのならば、神は私に許しを請わねばならない (2013-05-20)

田川建三の「存在しない神」に対する恨みと未練 (2018-08-26)

田川建三:「真のクリスチャンは神を信じない」。なぜなら神は偶像であり、実在しないゆえに。 (途中:その1) (2018-08-10)


メモ:キリスト教における「邪悪な存在」と神 (2012-02-01)
宗教

田川 建三 : イエスが抱えていた人間的ゆがみ、屈折、愚かさ。 私:イエスの最後の言葉はこうあるべきだった。 (2019-07-24)

エピクロスのパラドクス



He is famous also for the Epicurean paradox:

Is god willing to stop evil, but unable? Then he is not omnipotent.
Is he able but not willing? Then he is evil.
Is he willing and able? Then why is there evil?
Is he unable and unwilling? Then why is he god?

ref: https://www.reddit.com/r/philosophy/comments/2hippw/epicurus/


エピクロスのパラドクスはこうすれば解ける








(2020-06-26)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR