FC2ブログ

生物に寿命がプログラムされているように見える理由

はじめに


・…という生物学者の仮説を見かけたので記録しておく。

一部引用


20190814_oct_pp200.jpg





出典



20190808_book.jpg

ピーター・ゴドフリー=スミス (著)、夏目 大 (翻訳) 、『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』、みすず書房、2018-11-17、200-201頁

コメント


・この取り上げた説はいかにも、もっともらしい仮説で、「うまく考えたなぁ」と思わせるだけの独創性もある。

・だが、この仮説は反証可能性がかなり低い。つまり科学的な仮説としては大きな弱点を抱えている。

(2019-08-14)

Peter Godfrey-Smith : 主観的経験と GNW 仮説、その反論 (途中:その1)

はじめに


・GNW については以下を参照。

意識 - 脳科学辞典 - https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E6%84%8F%E8%AD%98#.E3.82.B0.E3.83.AD.E3.83.BC.E3.83.90.E3.83.AB.E3.83.BB.E3.83.8B.E3.83.A5.E3.83.BC.E3.83.AD.E3.83.8A.E3.83.AB.E3.83.BB.E3.83.AF.E3.83.BC.E3.82.AF.E3.82.B9.E3.83.9A.E3.83.BC.E3.82.B9.E7.90.86.E8.AB.96

意識を生み出す2つの理論GNWと統合情報理論 - Back to the past - https://www.bttp.info/physics/2consciousness-theory/

一部引用


20190808_oct_p112.jpg



・反論

20190808_oct_p113.jpg


出典



20190808_book.jpg


ピーター・ゴドフリー=スミス (著)、夏目 大 (翻訳) 、『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』、みすず書房、2018-11-17、112頁

コメント


・過去記事でもチラリと述べたような気がするが…。意識について、全員が全く同じ評価をしている。つまり、精神医学者も脳神経医学者も、哲学者も、AI 研究者も、宗教者も、精神世界ファンもみんな揃って同じ評価をしている。

・その評価とは「意識こそが人間存在の核であり、貴重な宝だ」というもの。それゆえ、宗教、哲学は言うに及ばず、現代科学でも意識に重大な関心が寄せられているし、精神世界ファンも「全ては意識だ、本源の意識は一つ、宇宙意識がどうたらこうたら…」などと宣う。

・だが、そういった評価はたぶん根本的な錯誤に基づくものだ、と私は見ている。意識はプラスの価値を持つ宝(=資産)ではなく、マイナス(負債)源だろうと。






(2019-08-08)

Peter Godfrey-Smith : 左右の眼の脳との接続:ハト、タコ、人間の違い。

はじめに


・…について興味深い調査結果を見かけたので記録しておく。人間は脳橋で左右の脳が連絡されているがハトではそれがなく、タコも弱いと。

一部引用


20190807_octps_pp103.jpg


出典



20190808_book.jpg


ピーター・ゴドフリー=スミス (著)、夏目 大 (翻訳) 、『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』、みすず書房、2018-11-17、103頁

(2019-08-08)

Andrew Collins : デニソワ人の化石と関連の話題

20190717_bracelet0.jpg


はじめに


・一つ前の記事のついでに Andrew Collins の講演を記録しておく。

・Andrew Collins は正統派の考古学者ではなく Graham Hancock や Zecharia Sitchin と似たタイプの作家(*1) なので、妖しい話がたっぷり含まれているが、紹介されている写真は参考になるはず。

抜粋(デタラメ)


・Denisova 洞窟

20190717_bracelet7.jpg

20190717_bracelet8.jpg


・洞窟で発見された腕輪 60-70,000年前
20190717_bracelet.jpg

20190717_bracelet3.jpg

20190717_bracelet2.jpg


・精巧な針。
20190717_bracelet9.jpg

・化石
20190717_bracelet10.jpg

20190717_bracelet11.jpg

20190717_bracelet12.jpg



20190717_bracelet18.jpg


・25:00 この洞窟の少し北に人工的な巨石群が発見されていると。Siberian Supergiants Atgornaya Shoria

20190717_bracelet13.jpg
20190717_bracelet14.jpg

20190717_bracelet15.jpg

20190717_bracelet16.jpg

20190717_bracelet17.jpg

講演動画(1:05:51)


・400,000 Year Old Siberian Cave Discovery That Changes Everything We Know About Human Origins


おまけ



20190717_bracelet4.jpg



脚注


・(*1) amazon での自己紹介によると…


Andrew Collins is a science and history writer, and the author of over fifteen books that challenge the way we think about the past. Among those books are From the Ashes of Angels (1996), The Cygnus Mystery (2006), Gobekli Tepe: Genesis of the Gods (2014), and The Cygnus Key: The Denisovan Legacy, Gobekli Tepe and the Birth of Egypt (2018). In 2008 Andrew and Egyptological researcher Nigel Skinner Simpson discovered a previously unrecorded cave system beneath the shadow of the Great Pyramid at Giza. It is a story that has brought Andrew acclaim across the world, the caverns even becoming known as Collins' Cave. The story is told in his book Beneath the Pyramids (2009). His new book, Denisovan Origins: Hybrid Humans, Gobekli Tepe and the Genesis of the Giants of Ancient America, co-authored with Greg L. Little, is available now.

ref: https://www.amazon.com/Andrew-Collins/e/B004MT0U28?ref_=pe_1724030_132998060 - https://www.amazon.com/Andrew-Collins/e/B004MT0U28?ref_=pe_1724030_132998060



コメント


・デニソワ人の歯がとても大きかったので(当初は大型動物の歯だと思われていた)、身長 2m ほどの巨人だったかも…と考古学者は推定している。その話を現地の巨人伝説を関連づけて Andrew Collins は話をあらぬ方向へ膨らませているw

(2019-07-17)

Grant Cameron : Thomas Edison が用いたアイデアを生み出す鉄球と鍋のテクニック

はじめに


・この鉄球と鍋の方法は有名だが、彼の彫像にも描かれていたとは知らなかった。

一部引用


・54:00

20190615_cameron20.jpg

講演動画(1:21:38)


・Grant Cameron Consciousness, UFOs and Reality


関連




Why does Edison have a steel ball in his hand?

Edison was among the creative geniuses that used the state of conciousness between wakefulness and sleep to stimulate creative insight. When confronted with a very difficult problem, he catnapped in the chair in his office. To insure that he could record any insights gained during the interval between wakefulness and sleep, he placed metal pans beside his chair and held a steel ball in each hand. When he started to enter genuine sleep, his hands relaxed, dropping the steel balls in the pans. Awakened, he immediately recorded any insights gained during the period between wakefulness and sleep. So the statue conjures up this idiosyncratic behavior of Edison. Coincidentally, a number of Edison's inventions also involved stainless steel balls.

ref: Thomas A. Edison Statue - Steel Ball in Hand | Edison & Ford… | Flickr - https://www.flickr.com/photos/30652603@N07/3360427413


(2019-06-23)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR