医学者のまっとうな解説に CIA 御用達の Google が(毎度の)恣意的な検閲

前置き


- CIA 御用達の Google(元 CIA の上級職員が創設初期の Google に資金援助をおこなっていたという証言がある。過去記事で取り上げた)が好き勝手放題にやっていることがこれ。

切り出し静止画


20220923_dr.jpg


動画(14:18)


Record excess deaths in Europe


関連


- 何様のつもりだ? Google! (2022-01-27)


- この動画の下に表示されている "Context" 部分は Google が勝手に挿入したもの。Google は「視聴者はあまりに愚かなので、中国共産党のように Google による指導や検閲が必須だ」と傲慢にも思いこんでいる。この意味で Google は表現者の意思を露骨に踏みにじり、視聴者の洗脳を目指す中国共産党によく似た体質の企業である。(やや大げさに言えばだが…w)

ref: John Yost: 夜中目覚めてトイレに → Ultraman (TV 番組の主人公)と対面 (2022-07-08)


(2022-09-23)

Nicholas Eberstadt : イスラエルの出生率の不思議

20220921_nicholas_eberstadt.jpg


手抜き


- 53:00
you do offer you do offer hope or at least an example
49:52
of one way out of this the civilizational undertow now drawing
49:57
Western societies into ever deeper sub replacement is not inevitable
50:04
I cling to those two words right there not inevitable Israel
50:09
provides proof to the contrary explain that explain
50:14
Israeli well so demographics when I when I started uh trying to understand
50:22
population Trends a couple of generations ago I wrote a study with a dear friend of
50:30
mine about Israel and we were more or less entirely wrong about this
50:37
we argued back in the late 1970s that Israel was going to have to release the
50:44
West Bank and Gaza for demographic reasons because they were a western society that was going to head down
50:50
towards sub-replacement fertility and the population of Palestinian origin was
50:59
876 babies and you can just draw the lines and see where things went
51:05
but a Funny Thing Happened on the Way to uh Palestinian demographic dominance of
51:13
Greater Israel it didn't happen and the reason it didn't happen is because Israeli jewry did not
51:21
agree to go into a sub-replacement instead over the last generation
51:29
fertility levels in Israel have actually gone up uh and now foreign it's not just
51:36
the Orthodox not just the Orthodox even people who describe themselves as not
51:41
terribly observant uh the it's across the board so far as we
51:48
can see and for Israeli jewry as a whole it's above three births per woman per
51:55
Lifetime on average which is I don't need to emphasize to you way different
52:00
from any other affluent open Democratic Society these days and the Arab birth
52:07
rate has declined the Arab birth rate has plummeted right the uh and uh which
52:13
is by the way is true in all of the rest of the arabic speaking world I just want
52:19
to repeat this because I I had this wrong myself and so other people may have a missile
52:24
we're told over and over again that the among the Orthodox in Israel the birth
52:30
rate is very very high and that's true yep but your argument is not the
52:35
argument simple Observer observation of the facts actually even among secular Jews in Israel the
52:42
birth rate is well above replacement on the whole yes on the whole and it has
52:47
been going up and it has been going up hours has been going down that of Europe has been going down China has been going
52:54
down yeah and Israel has been going up



動画(1:06:23)


The De-Population Bomb


動画メモ


In 1970, Stanford professor Paul Ehrlich published a famous book, The Population Bomb, in which he described a disasterous future for humanity: “The battle to feed all of humanity is over. In the 1970s and 1980s hundreds of millions of people will starve to death in spite of any crash programs embarked upon now.” That prediction turned out to be very wrong, and in this interview American Enterprise Institute scholar Nicholas Eberstadt tells how we are in fact heading toward the opposite problem: not enough people. For decades now, many countries have been unable to sustain a #population replacement birth rate, including in Western Europe, South Korea, Japan, and, most ominously, China. The societal and social impacts of this phenomenon are vast. We discuss those with Eberstadt as well as some strategies to avoid them.


1970年、スタンフォード大学のポール・エーリック教授は、人類の破滅的な未来を描いた名著『人口爆弾』を発表した。「全人類を養うための戦いは終わった。1970年代から1980年代にかけて、何億人もの人々が餓死することになるだろう」。アメリカン・エンタープライズ研究所の学者、ニコラス・エバースタットは、このインタビューの中で、私たちが実際には逆の問題、すなわち十分な人口がないことに向かっていることを語っている。ここ数十年、西ヨーロッパ、韓国、日本、そして最も不吉なことに中国を含む多くの国で、人口置換出生率を維持することができなくなっているのです。この現象がもたらす社会的、社会的影響は甚大です。エバーシュタットとともに、これらの影響と、それを回避するための戦略について議論します。


コメント


- Web で 「イスラエル 出生率 各国比較」で検索すると興味深いデータが登場する。

(2022-09-21)

多重人格障害と分離脳患者の症例を吟味 →「死後の意識の存続が無い」可能性が高い (途中1)

前置き


- 意味不明のタイトルだが、要は多重人格障害(=解離性同一性障害)と分離脳患者の症例を吟味すると

  ・「死後の意識の存続が無い」可能性が極めて高い

 という結論に至る…という話。

「死後の意識の存続がある」とはどういう意味か


- ふつう「死後の意識の存続がある」と言う場合は、誰かの人格とりわけ、私という人格を構成する意識が死後も継続して存続するという意味に他ならない。

- 仮に、

  ・私の死後も何らかの意識は存続するが、
  ・その意識は今生きている私の人格とは無縁で、
  ・私の記憶も意思も性格も欲望も希望も一切、引き継がれることはない

 というのでは、「私の」意識が死後も存続することにはならない。


多重人格障害と分離脳患者の症例が示す事柄


- 多重人格障害と分離脳患者の症例が明確に示すのは、この「私という人格」が

  ・独立した分割不能の根源的な存在(=魂)ではなく、
  ・生育環境に応じて年月をかけて徐々に構築されたものであり、
  ・状況下次第で人格の分離、生成、消滅、統合が起きうる(多重人格)し、
  ・左脳と右脳にそれぞれ独立した人格(=意識)が存在しうる(分離脳患者)

 という奇怪な医学的な事実だった。

- このような医学的な事実は、多重人格障害と分離脳患者だけではなく、状況次第で正常な人々人間にも生じうる。実際、正常だった人々が多重人格障害や分離脳患者となる事例も数多く生じている。

- つまり状況次第で誰もが

  ・同時に異なった複数の意識が、同じ私の体(私の脳)の中で活動しつづけ、
  ・それらの複数の意識の分離、生成、消滅、統合が自分の中でおきる

 という体験をしうる。


「死後も意識は存続する」説の前提


- 「死後も意識は存続する」説には次のような前提がある。

  ・脳が意識を生み出しているのではなく、
  ・意識は脳とは独立して、どこか(or non-local)に存在(or 偏在)し、
  ・脳はその意識の(リミッター付き)受信機として機能している




(2022-09-18)

Kim Peek : 本の左右のページを同時に読むことが可能な「天然の分離脳患者」

前置き


- 興味深い実例なので記録しておく。

- DeepL 訳。

引用


キム・ピーク[38]は、間違いなく最も有名なサヴァンである。彼は、1951年11月11日に、頭部を拡大し、頭蓋骨の開口部から脳とそれを覆う膜が袋状に突出し、小脳が奇形で、脳梁、前交連、後交連がない状態で誕生した。9,000冊以上の本と、約15の分野の情報を記憶することができた。世界史、アメリカ史、スポーツ、映画、地理、俳優、聖書、教会史、文学、クラシック音楽、アメリカの市外局番、郵便番号、テレビ局、アメリカの主要都市での道順などである。しかし、IQは87で、自閉症と診断され、シャツのボタンを留めることもできず、日常生活にも支障をきたしていた。彼の脳の欠損構造と能力の向上はまだ結びつけられていないが、本のページを8〜10秒で読むことができるようになったこととは関連づけられる。彼は本の左ページを左視野で、右ページを右視野で見ることができ、両方のページを同時に読むことができた[39]。また、彼は両半球に言語野を発達させていたが、これは分割脳の患者には非常に珍しいことである。言語[39]は左側頭葉の領域で処理され、脳が読まれているものを処理する前に情報の対側伝達が必要となる。ピークの場合、伝達能力がなかったため、それぞれの半球に言語中枢が発達することになった。これが、彼の超高速読書能力の理由であると多くの人が考えている[citation needed]。

ピークは脳梁切断術を受けていないが、天然のスプリットブレイン患者と考えられており、脳梁の重要性を理解する上で重要な存在である。キム・ピークは2009年に死去した[39]。


Kim Peek[38] was arguably the most well-known savant. He was born on November 11, 1951 with an enlarged head, sac-like protrusions of the brain and the membranes that cover it through openings in the skull, a malformed cerebellum, and without a corpus callosum, an anterior commissure, or a posterior commissure. He was able to memorize over 9,000 books, and information from approximately 15 subject areas. These include: world/American history, sports, movies, geography, actors and actresses, the Bible, church history, literature, classical music, area codes/zip codes of the United States, television stations serving these areas, and step by step directions within any major U.S. city. Despite these abilities, he had an IQ of 87, was diagnosed as autistic, was unable to button his shirt, and had difficulties performing everyday tasks. The missing structures of his brain have yet to be linked to his increased abilities, but they can be linked to his ability to read pages of a book in 8–10 seconds. He was able to view the left page of a book with his left visual field and the right page of a book with his right visual fields so he could read both pages simultaneously.[39] He also had developed language areas in both hemispheres, something very uncommon in split-brain patients. Language[39] is processed in areas of the left temporal lobe, and involves a contralateral transfer of information before the brain can process what is being read. In Peek's case, there was no transfer ability—this is what led to his development of language centers in each hemisphere. Many believe this is the reason behind his extremely fast reading capabilities.[citation needed]

Although Peek did not undergo corpus callosotomy, he is considered a natural split-brain patient and is critical to understanding the importance of the corpus callosum. Kim Peek died in 2009.[39]

ref: Split-brain - Wikipedia - https://en.wikipedia.org/wiki/Split-brain

(2022-09-16)

幻覚薬物で脳活動の低下が観測されている最中、最も豊かで強烈な意識経験が生じている。ゆえに脳が意識を生成しているのではない → この主張をシンプルに反証する (+追加)

履歴


(2022-08-08) 追加
(2022-06-30) 作成

前置き


- ExoAcademian(Darren) が、Dr. Bernardo Kastrup の著書、

"Why Materialism Is Baloney: How True Skeptics Know There Is No Death and Fathom Answers to life, the Universe, and Everything Kindle Edition"

 に沿ったと思しき主張をしている。

- Bernardo Kastrup と同様の主張を下の過去記事で取り上げ、簡単に批判した。

  Alex Tsakiris : 幻覚誘発性物質(DMT, LSD)を摂取した脳を fMRI で観察すると… (+追加) (2016-09-17)

- 今回、ExoAcademian(Darren) が、その Dr. Bernardo Kastrup の主張を鵜呑みにし、それを主な根拠にして「脳は意識を生み出さない。意識が物質などを生み出す基本要素なのだ」という主張を展開している。

- 以下でその主張を引用した上で、その主張の誤謬を指摘する。

- Bernardo Kastrup らの「幻覚薬物で脳活動の低下が観測されている」という主張はかなり疑問だが、仮に 100歩譲って、その主張が完全に正しかったとしても、

  ・(a) 脳活動が低下している最中なのに最も豊かで強烈な意識経験が生じている。
  ・(b) ゆえに脳が意識を生成しているのではない

 という主張は成立しない。その主張をシンプルに反証する。

手抜き


- 以下、ExoAcademian(Darren) による主張。

bernardo castro emphasizes that psychedelics decrease brain activity while the individual paradoxically
29:55
undergoes extremely intense perceptual activity he writes quote in all cases
30:01
the physiological effect of the psychedelic is to reduce brain activity particularly in the so-called default
30:08
mode network which is correlated with our ego or sense of individual identity
30:14
the phenomenological effect on the other hand is one of the richest and most intense experiences a human being can
30:20
possibly have if one's brain is effectively going to sleep during those experiences


28:54
quote alterations in human perception as a result of being infected suggest that
29:00
some of the new models of human consciousness proposed by such luminaries as philosopher computer
29:06
scientist bernardo castro university of california irvine professor donald hoffman
29:12
rice university professor jeffrey microchip inventor federico fagan
29:18
university of virginia professor edward kelly and stem cell biologist robert lanza may be relevant the proposal that
29:27
consciousness is prime and actually undergirds physical reality and is not
29:32
emergent from neurochemical trafficking in the brain is fundamental to this new
29:37
viewpoint one implication of the new perspective on human consciousness is that the brain
29:43
may act as a filter of consciousness as proposed by aldous huxley
29:48
bernardo castro emphasizes that psychedelics decrease brain activity while the individual paradoxically
29:55
undergoes extremely intense perceptual activity he writes quote in all cases
30:01
the physiological effect of the psychedelic is to reduce brain activity particularly in the so-called default
30:08
mode network which is correlated with our ego or sense of individual identity
30:14
the phenomenological effect on the other hand is one of the richest and most intense experiences a human being can
30:20
possibly have if one's brain is effectively going to sleep during those experiences
30:26
where are the experiences then coming from castrop's question is a good one and
30:31
measurable brain alterations including quiescence may be one investigative
30:36
readout for looking at hitchhiker effects on the human brain as part of a future ufo program
30:43
unquote now i'd like to stop for a moment there and highlight what bernardo castro is
30:49
saying there because i've experienced this personally and i mentioned this in an episode of liminal frames but i'd
30:55
like to mention it again here in case that point has not been heard by everyone in the audience here
31:01
what castrop is pointing out is that according to the physicalist model the brain manufactures our consciousness
31:08
everything we experience is an epi phenomenon of brain activity so
31:13
therefore castrop asks if that's the case then why is it that when we take psychedelics and the metabolic rate of
31:20
the brain decreases greatly so it looks like basically nothing's going on neurochemically in the brain
31:26
why is it that correspondingly that's exactly when human beings have their most mind-blowing expansive
31:34
rich experiences in consciousness this should not happen according to a
31:39
physicalist model let's make that very very clear and the casualties for the physicalist
31:45
model are mounting over time this is just one of many data points that are
31:50
strikes against the physicalist model so therefore the question should be posed
31:56
this being the case what model of reality can make sense of these kinds of
32:01
data points that are coming out of the neuroscience of consciousness quantum mechanics the ufo phenomenon and general



so the main takeaway here is that if consciousness is actually primary if
34:16
consciousness is the fundamental bedrock of reality from which notions like
34:21
matter and energy arise then we should not be surprised that people can experience something like the
34:28
hitchhiker effect and then have their actual physical reality change
34:33
because what it suggests is that these entities whatever they are are actually
34:38
employing their methods at that level of consciousness at the bedrock level and
34:43
this effectively rewrites what we perceive as physical reality which is an
34:49
epiphenomenon of consciousness and not the other way around


音声(35:25)


Intermentation & Contagion: The Metaphysical Implications of the Hitchhiker Effect


Dr. Bernardo Kastrup らの主張の誤謬


- Dr. Bernardo Kastrup らの主張の誤謬を示すのはとても簡単。面倒な理屈や議論は不要。たった一つの具体的事例を取り上げるだけで Bernardo Kastrup らの主張は反証できる。それが Jill Bolte Taylor (神経解剖学者)の事例。


・数週間だか数か月だかに渡って左脳が侵され、後に回復した女医(脳神経科の専門医)がその期間、ニルバーナに浸っていたという TED 講演での証言(過去記事で紹介したかも?)がこの仮説の補強材料になる筈。彼女は左脳機能が回復した途端に、ニルバーナが終了し、人生の苦しみも再開したと述べていた。

...

- 彼女の Ted 講演動画が下。彼女は人間の脳(本物)を手に講演をしている。「全てはひとつ」体験も 9:00 あたりで語っている。

20220417_brn.jpg

20220417_brn2.jpg


動画(20:11)


My stroke of insight | Jill Bolte Taylor



Jill Bolte Taylor の左脳機能障害によるニルバーナ体験 (2022-04-17)



- Jill Bolte Taylor は、左脳が機能停止した時、

  ・(a) 脳活動が低下している最中なのに最も豊かで強烈な意識経験が生じている。

 を自ら体験した。彼女の左脳が機能停止したのであるから「脳活動が低下している最中」に完璧に適合するし、ニルバーナという「最も豊かで強烈な意識経験」が伴っていた。

- では、Jill Bolte Taylor の「左脳が機能停止→ニルバーナ体験」から

  ・(b) ゆえに脳が意識を生成しているのではない

 の導出はできるだろうか? できるわけがない。

- Jill Bolte Taylor のニルバーナ体験は、

  ・脳機能の障害(=意識障害)の副産物だった

 というごく当然の結論が導出できるだけ。

- 彼女は左脳の機能停止により「話すことも、読むことも、歩くことも、書くことも、過去の記憶を思い出すこともできなくなった」が、同時にニルバーナも体験した。つまり、通常の意識機能が極端に低下したその最中にニルバーナも経験していた。

- 当人が自身の主観的に基づいて「最も豊かで強烈な意識経験」だとどれほど強調してみたところで、それだけで「高度な意識作用」である証拠にはならない。客観的に見ればその「最も豊かで強烈な意識経験」なるものは、意識障害の産物でしかない。

- 彼女のニルバーナ体験は「解脱や大悟は意識障害の結果」であることの強力な証拠になっている。

蛇足


- DMT や LSD、アヤワスカなどの幻覚性薬物で「人生で最も豊かで強烈な意識体験」をしたと実感した…そういう話はよく聞く。自身で体験すればそれらの話には微塵も嘘がないことがわかる。

- だが、その驚愕の体験が実は意識障害の副産物だったという認識の方が、その驚愕の体験よりも重要。同様に大悟や解脱は意識障害の副産物だという認識の方がより重要…これが私の立場。


参考


- Dr. Bernardo Kastrup のサイト。

  Metaphysical Speculations - https://www.bernardokastrup.com/

(2022-06-30)






(2022-08-08 begin)

前置き


- もう一つ、シンプルな反証データを思いついたので追加しておく。


全身麻酔時に完全に意識が消失するという医学的事実と矛盾


- Bernardo Kastrup やその受け売りをしてる ExoAcademian(Darren) らは

  ・幻覚薬物で脳活動の低下が観測されている最中、最も豊かで強烈な意識経験が生じている。ゆえに脳が意識を生成しているのではない。

 と主張しているが、その主張は「全身麻酔時に完全に意識が消失するという医学的事実」と真っ向から矛盾している。

- 全身麻酔薬は、幻覚薬物よりも遥かに強烈に脳活動を低下させる。脳は意識を生成しないと主張するのであれば、全身麻酔で意識が完全に消失することはありえない筈。

- 彼らは次のような言い訳を試みるかも知れない。「全身麻酔時にも意識はあったのだが、麻酔薬で記憶の固定化が阻害されていたために思い出せないだけだ」と。

- だが、そのような言い訳は通用しない。記憶は意識の機能の一部。記憶の機能が脳の状態によって停止することを認めるのであれば、部分的にせよ意識が脳の状態によって停止することを認めたことになる。ここで譲歩すればチェック・メイトに至る。

- 彼らは「意識は non-local で時空間の制約を受けない」とも主張しているのだから、OBE なり、遠隔視なり、退行催眠なり、Ouija board なり、お好みのツールを存分に駆使して、全身麻酔時にどんな意識体験をしていたのか、「明確に」解き明かすことができる筈。

- 是非ともその結果を知りたいものだ。

この記事の完了度:95%

(2022-08-08 end)
プロフィール

横着者

Author:横着者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR