Harry Dent の予想: Gold は $2,200 に達した後に $1,000 に下落。 (+追加)

履歴


(2020-11-28) 追加
(2020-11-27) 作成

抜粋(デタラメ)


・…その後、2023年に大底となるだろう。

・3:25 Gold ファンが $5,000 を予想しているが、それは彼らが死ぬ頃の話だ。

・11:00 当面、長期米国債が最も有利な投資となるだろう。


切り出し静止画



20201127_gold.jpg

動画(13:48)


Gold price will see strongest boom in history after ‘reset’ at this level ? Harry Dent (Pt. 2/2)
2020-11-27


コメント


・Harry Dent はいつの間にか、Gold に対する姿勢を微妙に軌道修正したようだ。彼の口から $2,200 という高値の数字が出てくるとは、以前の彼を知っている人間にとっては驚き。

(2020-11-27)








前置


・タイトルの件について、Harry Dent 本人が最近の動画でその根拠(下図)を語っていたので記録。

切り出し静止画


20201128_HarryDent_21.jpg


動画(1:51:03)


Harry Dent Fights Peter Schiff
2020-11-27


(2020-11-28)

Harry Dent の予想: Gold は $2,200 に達した後に $1,000 に下落。

抜粋(デタラメ)


・…その後、2023年に大底となるだろう。

・3:25 Gold ファンが $5,000 を予想しているが、それは彼らが死ぬ頃の話だ。

・11:00 当面、長期米国債が最も有利な投資となるだろう。


切り出し静止画



20201127_gold.jpg

動画(13:48)


Gold price will see strongest boom in history after ‘reset’ at this level ? Harry Dent (Pt. 2/2)
2020-11-27


コメント


・Harry Dent はいつの間にか、Gold に対する姿勢を微妙に軌道修正したようだ。彼の口から $2,200 という高値の数字が出てくるとは、以前の彼を知っている人間にとっては驚き。

(2020-11-27)

James Rickards : 経済専門家の Gold に関する誤った主張を糾す

ref: The Bogus Case Against Gold - The Daily Reckoning - https://dailyreckoning.com/the-bogus-case-against-gold/


コメント


・James Rickards は百も承知の上であえて語っていないのだろうが…。経済専門家は Gold を経済に対する足枷だとして嫌悪している。金本位制という足枷からようやく逃れたのにまた再び、足枷を受け入れたいと考える人間などいない。

・Gold を足枷と見るか、野放図な暴走を抑制するための必要なタガと見るかで意見が変わる。現在の経済学の主流派は前者の立場で、Rickards は後者の立場。

・どちらが正しいのか? 一律の正解はない。その時の経済状況と国家財政状況次第で前者がより適切となったり、後者がより適切となるだけ。

・問題は、現在がそのどちら側なのか、それがどの時代であれ見えないこと。時代が過ぎ去り振り返ってみてあの時はこうすべきだったのだ…と後知恵で言えるだけ。

DeepL


・自動翻訳では Gold とカネの区別ができていない。 Gold is money. →「金は金なのです」の箇所がそれ。私が常に Gold と書いて、金とは書かないのはその区別をハッキリさせるため。


金は、記録的な高さまで上昇する第三の強気相場の初期段階にあります。

最初の2つの偉大な強気相場は、1971-1980年(金は2,200%上昇)と1999-2011年(金は760%上昇)でした。2011年にピークを迎えた後、金はそのピークから急落し、2015年には1オンスあたり1,100ドル以下にまで落ち込みました。

今、第三の大ブルマーケットが進行中です。それは2015年12月16日、2011年から2015年の弱気相場の終わりに金が1オンスあたり1,050ドルで底を打ったときに始まりました。それ以来、金は大幅に上昇していますが、過去2回の強気市場での2,200%と760%の利益に比べれば小幅な変化です。

それでも、主流派のエコノミストの多くは金を否定しています。彼らは金を野蛮な遺物と呼び、今日の金融システムにはふさわしくないと言っています。

しかし今日は、主流派の経済学者が金を否定する3つの主要な論拠と、それがなぜ間違っているのかを思い出していただきたいと思います。

金の供給を支える金が足りない!?



最初に何度も聞いたことがあるかもしれません。"専門家 "は、世界の金融システムを支えるのに十分な金はないと言っています。世界中の紙幣、その資産と負債、拡大する世界中の銀行や金融機関のバランスシートを金で支えることはできません。貨幣供給を支えるのに十分な金がないと言われています。

その議論は全くのナンセンスです。金の量が限られているのは事実です。しかし、もっと重要なのは、金融システムを支えるのに十分な金は常に存在するということです。重要なのは、その価格を正しく設定することです。

現在の1オンス約1,875ドルの価格では、既存のマネーサプライに金を固定することは、非常にデフレになることは事実です。

しかし、それを避けるためには、金の価格を上げればいいのです。言い換えれば、既存の金の量を、例えば1オンス14,000ドルにすれば、マネーサプライを支える金の量は十分にある。

言い換えれば、ある量の金は、その価格が適切に設定されていれば、常にどのような量の貨幣供給をも支えることができるということです。適正な金の価格については議論があるかもしれませんが、貨幣システムを支えるのに十分な量の金があることは間違いありません。私はその計算をしたことがありますが、それはかなり単純です。複雑な数学ではありません。

世界の貨幣供給量と金の現物量を計算して、それを他で割ると、金価格が出てきます。

しかし、いくつかの仮定をしなければなりません。例えば、貨幣供給量を100%金で支えたいのか、それとも40%で十分なのか?それとも20%でいいのでしょうか?これらは正当な政策上の問題であり、議論の余地があります。私はそれらすべてについて計算をしました。私は40%の金を想定しています。

エコノミストの中にはもっと高くすべきだと言う人もいますが、私は40%が妥当だと考えています。

既存の貨幣供給量、40%の金の裏付け、利用可能な金の供給量を用いて、デフレではない金の価格は1オンスあたり14,000ドルです(貨幣供給量が拡大すればするほど高くなります)。

政府はディスインフレとデフレを克服しようと必死です。過剰な債務負担は成長の逆風となり、予防的な貯蓄を引き起こしますが、どちらもデフレの原因となります。デフレの逆風を断ち切るための唯一の確実な方法は(いや、貨幣印刷が効かない)、金に対してドルを切り下げることである。

これは1933年と1971年に行われましたが、どちらもインフレを引き起こしました。ドルを85%切り下げれば(1970年代に達成された切り下げと同じくらい)、債務負担が膨らみ、名目成長が刺激され、金の価格は1オンスあたり15,000ドルになります。

しかし、繰り返しになりますが、金融システムのニーズを満たすのに十分な金が常に存在することを認識することが重要です。ただ、価格を適正に設定する必要があります。

いずれにしても、私の研究では、一つの結論に達しました。それは、国際通貨システムの崩壊を見ることになるということです。それは、国際通貨システムの崩壊を見ることになるということです。それは、ドルの滅亡やユーロの滅亡だけではなく、すべての紙幣の信頼性の崩壊を意味しています。

信頼が失われた場合、中央銀行は信頼を回復するために、ベンチマークとして、あるいは実際の金本位制に戻す必要があるかもしれません。しかし、それは選択の余地はないでしょう。中央銀行が金本位制に戻ることを喜んで選択することはありません。

しかし、信頼が完全に失われた場合には、何らかの形で金本位制に戻らざるを得ないでしょう。

金本位制を持つつもりでも、金を金の基準点として使うつもりでも、ドルの信頼を回復する必要があるなら、デフレではない暗示価格は1オンス15,000ドルです。

世界貿易を支える金が足りない


金に対する第二の論拠は、金の成長が十分に速くないため、世界の貿易や商業の成長を支えることができないというものです。世界の鉱山生産量は、金の総ストック量の約1.6%です(世界の金生産量は、実際には過去5年間で約3,300トンで横ばいになっています)。世界の成長率(COVIDのため2020年を除く)は年3~4%程度です。様々ですが、3~4%と仮定してみましょう。

批評家は、世界の成長率が年3-4%程度で、金の成長率が1.6%しかないとすると、金は世界貿易を支えるほど急速には成長しないと言います。したがって、金本位制はシステムにデフレのバイアスを与えることになります。しかし、それもナンセンスだ。なぜなら、鉱山の生産量は中央銀行の金供給拡大能力とは何の関係もないからだ。

なぜなら、中央銀行や財務省が保有している金である公定金は約35,000トンだからである。非公開の金を含めた総金は約18万トン。つまり、公式の金供給の外にある民間の金は14万5千トンです。

中央銀行がマネーサプライを拡大したいなら、貨幣を印刷して民間の金の一部を買えばいいだけなのだ。中央銀行は採掘量に制約されることはありません。マネーサプライを拡大したいのであれば、鉱山労働者が金を掘り起こすのを待つ必要はありません。彼らは単に市場のディーラーを通じていくつかの民間の金を買わなければならない。

金の供給量が貿易を支えるほどには増えないという議論は、表面的には正しいように聞こえます。しかし、さらに分析してみると、それがナンセンスであることがわかります。なぜなら、中央銀行は民間の金を買えばいいのだから、採掘によって追加された金の供給は無関係だからです。

金は利回りを提供しない


あなたが耳にする3つ目の議論は、金には利回りがないということです。これはウォーレン・バフェットの金に対する主な批判です(今は金の株に投資していますが)。確かにその通りですが、金には利回りがあるはずがありません。金は金です。そして、金には利回りはありません。

以前、フォックスビジネスにマリア・バルティロモと出演しました。生放送のインタビューで、この問題が出てきた時に議論をしました。私はこう言いました。「マリア、1ドル紙幣を取り出して、目の前でかざして見てみてください。利回りはありますか?いいえ、もちろん利回りはありません、お金には利回りがありません」と言いました。

利回りが欲しければ、リスクを取らなければなりません。銀行にお金を預けて、少しの利回りを得ることができます。おそらくそれすらないでしょう。しかし、それはもうお金ではありません。銀行に預けた時点で、それはお金ではありません。それは銀行の預金です。それは、時々破産する商業銀行の無担保債務なのです。

お金を使って株や債券、不動産などいろいろなものを買うこともできます。しかし、そうすると、それはもうお金ではありません。それは他の資産であり、それらは様々な程度のリスクを伴います。

重要なのは、利回りを求めるならば、リスクを取らなければならないということです。現物の金は公式な利回りを提供していませんが、リスクは伴いません。金は単に富を維持するための手段なのです。金は金なのです。

つまり、金に対する3つの主流の批判は、実際に適切に分析しても、通用しないということです。

私は、2026年までに金は15,000ドルに達すると予測しています。もちろん、直線的に上昇することはありませんし、途中で下落することもあるでしょう。しかし、トレンドは上昇しています。

私は、すべての投資家が金の上昇を利用すべき第一の方法は、現物を直接所有することだと考えています。バーやコインを主に - 実際には、私はいつもあなたの投資ポートフォリオの少なくとも10%は、物理的な金に専念すべきであると言います。


(2020-11-14)

Mike Maloney : Gold は 2023-11 には $11,250 に。

一部引用



20201104_gold.jpg

コメント


・Mike Maloney の主張する根拠も理解できるし、それなりの説得力もある。だが、現在は Mike Maloney が根拠とする旧来の経済常識がことごとく通用しなくなっている。経済学の常識からは断じて起こり得ないこと、ありえないこと、絶対的な禁じ手 が中央銀行の主導の元でまかり通っている。

・なので、Mike Maloney の Gold 価格予想がすんなり実現するとは私には思えない。Mike Maloney の主張するような予想を信じて Gold に資産の大部分を賭けるのは(そのような Gold ファンが少なくない)危ういと感ずる。長年 Gold ファンをやってきたならば、すでにかなりの利益が出ている筈。欲を出すのもほどほどにね…w

自動生成



if this continues to play out uh you
06:58
can expect
07:00
in november of 2023 it would be
07:04
it would mean 11 250 an ounce gold
07:08
so over the next three years you would
07:10
get 78
07:13
return per year on your investment
07:17
in gold


動画(7:56)


Trump vs Biden: Calling the Definitive Victory NOW
2020-11-03


関連の過去記事


  Mike Maloney : 3年後の Gold 価格が $11,250 を示唆するチャート (2020-10-08)


(2020-11-04)

今年はじめにニュースになった中国の偽造金塊の経緯を内部関係者が暴露

前置


・記録用

自動生成



earlier this year more than 80 tons of
00:51
gold
00:52
issued by a chinese jewelry company was
00:54
found to be fake
00:55
regulators have yet to explain why an
00:58
insider told us that the gold was
01:00
smuggled out of china and sold in hong
01:02
kong
01:02
and described being one of the
01:04
operations middlemen
01:06
in order to secure loans chinese jewelry
01:08
company king gold jewelry
01:10
issued 83 tons of gold to money lenders
01:13
and trust banks
01:14
that amounts to 22 percent of china's
01:17
annual gold production
01:19
the problem is the gold valued 4.2
01:22
billion dollars
01:23
was found to be fake earlier this year
01:26
chinese media reported that they are
01:27
actually gilded copper
01:29
the company's stock plummeted nearly 30
01:31
percent on nasdaq
01:33
it later voluntarily delisted its shares
01:36
to this day chinese regulators have not
01:38
said where the genuine gold is
01:40
if it exists but one person claims he
01:43
knows the answer
01:44
ichiwei is a member of china's so-called
01:47
red aristocracy
01:48
he is from the manchu ethnic minority
01:51
his father was a senior communist
01:53
official
01:53
and his grandfather was a communist
01:55
revolutionary who helped the regime
01:57
seize power
01:59
the insider said the real gold was
02:01
actually stolen from the chinese
02:02
institutions
02:03
and sold in hong kong he knows because
02:06
he is one of the middlemen
02:08
last october he heard from his
02:09
connections that there were gold from
02:11
mainland china
02:12
cheaper than the market price
02:17
every day it would come in from the
02:18
chinese city of shenzhen
02:20
we would go buy it every day 10 kilos 20
02:22
kilos 30 kilos
02:24
and then sell it in the afternoon on the
02:25
same day we made money from the price
02:28
differences
02:28
we didn't know where the gold came from
02:33
messages show the seller telling him the
02:36
gold was from chinese governmental
02:37
sources
02:38
when he became suspicious of the amount
02:40
and authenticity of the cheap gold
02:43
another contact told him it was actually
02:45
stolen from china
02:46
but the person quickly deleted the
02:48
message after the media reported on the
02:51
chinese jewelry company's fake
02:52
gold scandal he was convinced the gold
02:55
bars he bought and sold
02:57
were the same batch that's because the
02:59
numbers printed on them
03:00
matched the range of numbers printed on
03:02
the chinese company's gold bars
03:05
he said nearly all major organized crime
03:07
groups or triads in hong kong
03:10
were involved in the gold laundry
03:15
the people in mainland china first
03:16
swapped the gold bars with fake ones
03:18
they smuggled them out and then the
03:20
gangs here in hong kong were responsible
03:22
for contacting buyers for them
03:24
and then transporting them all the
03:26
buyers they found were big foreign
03:27
investors not chinese ones
03:29
that's because there was a problem with
03:31
one person in china buying gold in large
03:33
quantities
03:34
so they were looking for foreign buyers
03:36
those from the u.s europe and japan
03:38
he said people being investigated for
03:40
the scandal now
03:41
are just scapegoats this is not
03:44
something one or two people can
03:46
do the money involved is about one
03:48
billion dollars
03:49
and the amount i got involved with is
03:50
just the tip of the iceberg
03:53
the fake gold was discovered in february
03:56
but no media nor chinese regulators
03:59
spoke a word about it until june it
04:01
remains a mystery
04:02
what type of powerful force in china was
04:05
able to smuggle such a huge amount of
04:07
gold out of china
04:08
giving order to hong kong crime groups
04:11
and keeping chinese media and regulators
04:13
silent for so long
04:16
till this day nobody knows where the
04:17
gold is that's why i want to say that
04:19
the chinese system is rotten to its
04:21
roots
04:23
yi said he has benefited from the ccp
04:25
system
04:26
enjoining a wealthy life and meeting
04:28
people like bill clinton
04:29
but he realized no one can stay secure
04:32
for long under the system
04:37
my grandfather told me before that it's
04:38
painful to live in this country
04:40
because you are not allowed to speak the
04:42
truth even when he died he had to take
04:44
lots of secrets with him
04:45
so i don't want my daughter or other
04:47
children next generations to grow up in
04:49
such an environment
04:51
because if it's only in china that's
04:52
fine but now the censorship is affecting
04:55
the whole world
04:56
the chinese censorship is telling the
04:57
world what's okay and what's not okay
05:00
reporting by sao hua-gu and penny zhou
05:02
ntd news



動画(24:05)


Poll reveals shocking % of Taiwanese willing to fight against China; Wuhan hitting headline again
2020-10-28


(2020-10-29)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR