FC2ブログ

武漢肺炎は「単なる風邪」ではない。呼吸困難による地獄の苦しみに苛まれる。

はじめに


・いまだに武漢肺炎を軽視している人々が多い。「騒ぎすぎだ」とか。

・つい最近も、「罹患したら、そのときはその時だ。日本人らしく潔く最後を迎えよう」「5% が死んでも 95%が生き延びるから、覚悟を決めさえすれば対処できることだ」(by 榊 淳司)とか呆れるほど軽率な発言を Youtube で見かけた。

・本当に罹患し症状が出たら「潔く最後を迎え」る…なんてことは不可能。大騒ぎして助命を乞うことになる。実際に罹患し、かろうじて生き延びた人々の証言を下に引用しておく。罹患者が多発し、その数 % が断末魔の苦しみで大騒ぎしたら、社会の経済活動は完全停止の状態になる。

・イタリアの悲惨な状況(高齢者の罹患患者に大量のモルヒネを注射して安楽死させている…とか)が報じられているのにも関わらず、いまだに他人事のように軽視し、それを自慢気に吹聴している輩がいるのは不可解だ。

一部引用



#1 26-year-old Fiona Lowenstein

That night I woke up in the middle of the night with chills, vomiting, and shortness of breath. By Monday, I could barely speak more than a few words without feeling like I was gasping for air. I couldn’t walk to the bathroom without panting as if I’d run a mile. On Monday evening, I tried to eat, but found I couldn’t get enough oxygen while doing so. Any task that was at all anxiety-producing - even resetting my MyChart password to communicate with my doctor - left me desperate for oxygen.

#2 55-year-old Kevin Harris

“Imagine your lungs turning solid. It’s like suffocating without holding your nose,” said Harris, who owns an auto body shop and typically runs 5 miles every day.

“Every time I lay down, my breathing gets lower and lower. I thought my lungs would fail me. I was screaming for mercy and praying to God.”

#3 25-year-old Connor Reed

A Welshman who caught the coronavirus in China has described how the deadly disease hit him “like a train” leaving him “suffocating” and in blinding pain for weeks.

Connor Reed, from Llandudno, got ill while working as an English teacher in Wuhan.

The 25-year-old described how it started as “just a sniffle” on November 25 ? a month before authorities officially announced the virus ? but over the next three-and-a-half weeks he got increasingly ill and was unable to move.


ref: It’s Not “Just The Flu”: Here Is Why You Definitely DO NOT Want To Catch This Coronavirus… ? End Of The American Dream - http://endoftheamericandream.com/archives/its-not-just-the-flu-here-is-why-you-definitely-do-not-want-to-catch-this-coronavirus


(2020-03-31)

熊撃退スプレー(bear spray)

はじめに


・ひとつ前の記事の動画の中で David Paulides が語っていた(30:00)熊撃退用スプレー(bear spray)が下。襲ってくる熊に向かって放射する。

・比較的最近開発された商品で、かなり有効らしい。

bear spray



20200301_spray.jpg


Bear spray is a very effective deterrent when used properly. In a 2008 review of bear attacks in Alaska from 1985?2006, Smith et al. found that bear spray stopped a bear's "undesirable behavior" in 92% of cases. Further, 98% of persons using bear spray in close-range encounters escaped uninjured.

ref: Bear spray - Wikipedia - https://en.wikipedia.org/wiki/Bear_spray


(2020-03-01)

外科医が実行する手洗いの方法

はじめに


・手洗いは、一般人にも可能な武漢肺炎の感染防止対策だが、せっかく手洗いしても雑な方法では効果が上がらない。そこでプロの外科医が手術前に行う手洗いのやり方を紹介する。

・一般人が毎回、ここまで念入りに手洗いするのは無理だし、その必要もないが、参考にはなる筈。

・WHO の推奨する方法を図解したものが下。

引用


20200217_wash_1.jpg

20200217_wash_2.jpg



20200217_wash_3.jpg

20200217_wash_4.jpg



出典


20200217_book.jpg


横野 諭、『手術室の安全医学講座』、金芳堂、2015-10-01、27-30頁

コメント


・同じ手順で手洗いしても、人によって滅菌の程度にかなりの差が出る。手洗いの下手な医師は培地に菌がくっきり出て、担当のナースからお叱りをうけるという…w

(2020-02-17)

Erik Townsend : 武漢肺炎:マスクには「手が顔に触れない」という大きな効果がある。

はじめに


・この指摘は鋭い。

20200216_Eric.jpg


抜粋(デタラメ)


・52:00

・マスクは武漢肺炎ウィルスの吸い込みを防がないから無駄だと言う人間がいるが、真に受けるな! マスクはウィルスに汚染された可能性のある手が顔に触れないという大きな効果がある。

動画(57:19)


・Coronavirus Economic Impacts - Part 2 of 2 (w/Erik Townsend) Rebel Capitalist Show Ep.14
・15,734 views,Feb 13, 2020


(2020-02-16)

Sadhguru : 武漢肺炎ウィルスを防ぐ歌を聞かせて聴衆の不安を鎮める。

20200214_sadhguru_song.jpg


はじめに


・Sadhguru については過去記事(*1)で取り上げた。

・武漢肺炎ウィルスの不安に怯えている聴衆に Sadhguru がその防御法を説いているが、いつもの喋りによる説法ではなく、一風変わった方法を用いている。喋りではなく、有名な歌の歌詞を替え歌にして聞かせて不安を鎮めている。

・歌詞は英語で、字幕付き。視聴を勧める。たぶん、この Blog の読み手も最近の日本人感染者急増の兆しで、武漢肺炎ウィルスにかかなりの不安を覚えている筈だろうから。

抜粋(デタラメ)


・4:25 から。

・Simon & Garfunkel の "The Sound of Silence" の曲(*2)に載せて、武漢肺炎ウィルスを防ぐ方法を説いた歌を聴衆に聞かせている。

動画(8:24)


・Sadhguru on Coronavirus Outbreak in China
900,041 views?Feb 11, 2020


脚注(*1)


・過去記事…

Sadhguru :人生の目的は、人生それ自体だ。 (途中:その1) (2019-05-07)

Sadhguru(インドのヨガ行者)を BBC の記者が公開インタビュー (2019-05-06)

Sadhguru : 社会的な不義・不正に対しても怒るべきではない。なぜなら… (2019-05-08)

Sadhguru :聖書に基づく知識は 3つの質問で崩壊する。 (途中:その1) (2019-05-09)

Sadhguru :自己と世界が一体であることを実感すれば、倫理やモラルはもう不要だ。 (2019-05-10)

Sadhguru : 環境運動家たちが犯している最大の誤りは、経済の敵視だ。 (2019-05-31)

Sadhguru :何も知らないこと自覚せよ。そしてそれを楽しめ。 (2019-05-12)

Sadhguru : Jiddu Krishnamurti は花だ。彼の生存中は誰もがその香りを感知できた。だが彼の死後は誰も理解できなくなった。 (2019-05-11)


脚注(*2)


・この原曲の発表は 1965-09-12 だとあるから、54年も前の歌。それが下。



コメント


・さすが Sadhguru 、このような方法を用いるとは、やはり ただものではない。曲のメロディが不安を和らげるし、歌い手の声質も原曲のそれにかなり近いから違和感がない。

・スピーカーから流す歌の合間に彼が笑って見せているのも効果的。

・何より、替え歌の歌詞の内容は「手を洗え、清潔にせよ、マスクをせよ…」といった科学的な根拠のある具体策だけに絞って教えている。宗教によくある祈りましょうだの、神がどーたらこーたら といった無駄なオハナシは一切、含まれていないのが凄い。

・その具体策を講じても、武漢肺炎ウィルスにかかるときはかかる…そうなったらそうなったで仕方ない。高潔に受け入れよう。患者を隔離せねばならないが同情をもって対処せよ、隔離はしても差別はするな…たしかそんなことも最後に語りかけていた筈。

(2020-02-14)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR