FC2ブログ

当サイトの Blog 記事作成の方針(常に最上部に表示)

はじめに


・本 Blog の記事作成に関する方針を説明しておきたい。後に妙な誤解が生じるといけないので、予防策というか釈明というか。

・他の記事と異なり、この告知記事だけは常に最上部に掲載し、古くなった前日の告知記事は削除する。ただし、この告知記事の内容を変更した場合、変更前の告知記事は削除せず残し、履歴にも記載する。(2019-08-31より適用)

英語力が無いため内容はデタラメ


・私は哀れなほど低い英語力で海外の UFO や超常現象に関する情報を漁っている。そうやって拾い上げたネタの一部が、当サイトの Blog 記事となっている。

・英文法も知らず、英文読解力も、英会話の聞き取り能力もないので、当然ながら私が作成した翻訳記事の内容は全てデタラメでしかない。

・なのでソース記事へのリンクに最も価値がある。言い換えればソース記事へのポインタとしての価値しかない。

・この理由で長々とした記事翻訳は自粛する。メモ書き or キーワードの羅列 レベルに留める方がデタラメ記事による弊害が少ないし、記事作成の手間も軽減できる。

修正に関する方針


・マトモな Blog ならば充分な推敲を重ねた上で決定稿を up するのが筋だろうが、あいにく私の Blog は外道の Blog なので、デタラメな内容の上に文章の推敲すらしない。時間が来たら記事が途中半端であってもお構いなしに up することにしている。

記事を投稿直後から 12時間以内の間の修正は特に断らない方針


・当然、誤記や記憶の誤りに基づく錯誤が大量に混入する。なので up してから見直し、気づいた範囲かつ、時間が許す範囲で事後処理としてある程度、訂正している。そのため、 up した直後から 12時間程度の修正は私の意識の中では依然として記事の編集、推敲の最中。

・なのでその時点での修正は特に断らない方針でいる。さすがに up してから 12時間以上経過した記事を修正した場合は記載するつもり。

・そのような事をいちいち気にする読み手がいるとは思わないが、一応。

外国人の名前のカタカナ表記は避ける方針


・人名のカタカナ表記を避け、英語名表記を優先させる。理由は…

・表記の揺れが起こりうるので、検索に向かない。例えば、Emanuel Swedenborg (スウェーデンボルグ or スヴェーデンボリ)、Issac Asimov(アシモフ or アジモフ)、Ronald Reagan(リーガン or レーガン)など。

・カタカナ表記に変えた時点で情報量が欠落する。カタカナ表記からオリジナルの表記を復元するが面倒 or 困難。オリジナル・ソースは英語なのでカタカナ標記では検索に不向き。

・記事作成に無駄な手間を要する。

敬称は省略


・このブログでは(第三者については)敬称を省略している。たとえば Scott Adams とか Trump と呼び捨てにしている。アメリカ人だけ差別するわけにはいかないので、日本人の場合も敬称は省略する。

・記事の中でそれが意味を持つ場合(例:学術的な称号によって専門家であることが明確になる)、博士や教授などの称号を名前に追加することがある。同様に、社会立場を明確にする必要がある場合は、将軍や議長などの役職名を付与する。

ソーシャル・メディアとの連携について


・ソーシャル・メディアは弊害の方が大きいと判断したので、当サイトの Blog 記事とソーシャル・メディアとの連携は行わない方針。

この Blog の読者数は 数十人/日


・5-6 年前(もっと前かも)に FC2 Blog 側が用意しているアクセス数確認ツールを一か月間ほど設置した時の計測値値では、読者数は平均で 数十人/日、最大でも 200-300 人/日 程度だったと記憶している。

・それ以降、計測していないが、たぶん現在も 数十人/日 レベルの筈。数人/日であっても驚かない。

お願い


・RSS リーダーは上述の記事修正を全く反映しないものが多いので(例:Feedly)、RSS リーダーで直接、この Blog 記事を読むのは全く勧められません。未修正の情報を読む事になります。

・この Blog 開設時のメール・アカウントにアクセスしないため、コメントは公開でお願いします。同じ理由で削除依頼などの連絡もコメントでお願いします。


記事の方針に関する他のメモ


  業務連絡:個々の記事は単一テーマに絞る方針。(2018-05-24)

  当面、溜まったネタを消化する事を優先し、記事の質を大幅に下げる方針 (+さらに後退) (2017-06-01)

  途中で放置の記事が多い理由(途中:その1…ω) (2014-10-03)


履歴


(2016-07-17) 作成
(2017-04-18) 再掲
(2017-07-11) 内容追加、再掲
(2017-10-28) 再掲、内容追加。
(2018-01-24) 再掲、内容変更、追加。
(2018-04-20) 再掲、内容変更、追加。
(2018-08-09) 再掲、内容変更、追加。
(2018-12-31) 再掲、内容変更、追加。
(2019-05-26) 再掲、内容変更、追加。
(2019-08-31) 掲載方式を変更、内容も変更。

中国の店舗:アメリカと日本での武漢肺炎増加を喜ぶ垂れ幕

はじめに


・中国共産党体制が反米、反日宣伝をしている…という文脈で紹介されたシーン。

・既にこの垂れ幕は除去されたとのこと。

一部引用


・4:00

20200324_china2.jpg


20200324_china.jpg


ニュース動画(23:30)


・21 million fewer cellphone users in China may suggest a high CCP virus death toll | China in Focus
245,935 views?Premiered 9 hours ago


(2020-03-24)

The Enema Bandit

はじめに


・Nick Redfern の記事、

  A Famous Cryptozoologist, A Mysterious Visitor, and the "Enema Bandit" | Mysterious Universe - https://mysteriousuniverse.org/2020/03/a-famous-cryptozoologist-a-mysterious-visitor-and-the-enema-bandit/

 の中でタイトルの件を話題にしていた。"Enema Bandit" は男の同性愛者を指す言葉かと思っていたが、下のような文字通りの意味もあったとは…w

・言わずもがなの理由で訳すのは避ける。"never charged for the enema assaults" とあるから、カネを奪い、「処置」をしただけでそれ以上の性的攻撃はしなかったらしい。

引用



The Enema Bandit


In the mid 1960s, the first reports surfaced of the activities of a sexual assailant who came to be known as the "enema bandit." Disguised by a ski mask, he would enter the rooms of coeds at various college campuses (usually in Oklahoma, but he also showed up in Kansas, Oklahoma, and California).

Holding his victims at gunpoint, he would force them to remove their clothes, then he would tie their wrists and proceed to give them each an enema, always working "slowly and deliberately." His victims agreed that "he knew what he was doing." Otherwise, he didn't harm the women, releasing them when he was finished. His victims also described him as being "extremely polite." Before he left, he would take whatever money he could find.

The enema bandit remained at large for a decade before police finally caught him in 1975, identifying him as Michael Kenyon. From wikipedia:

After his arrest he was judged to be legally sane; in December 1975, he pleaded guilty to six counts of armed robbery and was sentenced to six to twelve years in prison for each count, but was never charged for the enema assaults. He was paroled in 1981 after serving six years.

The enema bandit inspired several songs: "The Illinois Enema Bandit" by Frank Zappa (1976), and "Salute to the Enema Bandit" by Henry Threadgill (1986).

ref: The Enema Bandit - http://www.weirduniverse.net/blog/comments/enema_bandit



(2020-03-13)

WHO が「パンデミック」を否認するのは $425M のカネが理由

一部引用



The World Bank launched a $425 million 2017 catastrophe bond issue supporting its Pandemic Emergency Financing Facility (PEF). There are two tranches of PEF bonds outstanding, expected to mature in July, and this means investors of the bonds will collect massive profits if the bonds aren't triggered or will lose everything if the Covid-19 outbreak continues to escalate.

It's becoming increasingly apparent why the World Health Organization (WHO) has had a difficult time calling Covid-19 outbreak a "pandemic," this is because it would cause both bonds to trigger, effectively wiping out bondholders.

The World Bank issued two tranches of PEF bonds worth $425 million in 2017. Bondholders have seen two years of above-average returns with no concern of virus outbreaks around the world that would trigger even the slightest hint both bonds would go into default, until now.

The Covid-19 outbreak in China, spreading across 38 countries and infecting more than 80,000 people, resulting in 2,700 deaths, could leave investors of the bonds with absolutely nothing.


ref: Here Are The 425 Billion Reasons Why WHO Refuses To Call The Covid-19 Outbreak?A "Pandemic" | Zero Hedge - https://www.zerohedge.com/markets/here-are-425-billion-reasons-why-who-refuses-call-covid-19-outbreak-pandemic


(2020-02-26)

三角猫 : なぜ日本の純文学はつまらないのか

はじめに


・過去記事、

Richard Dolan : 悪は実際に存在している。 (2020-01-26)

 でチラリと 2-3世代前の文学に関連した話題に言及した。そんな大昔の文学状況はさておき、今現在はどうなっているのか? そう思ってざっと検索して見かけたのが下の Blog 記事。

一部引用



新しさという逃げ道を追って袋小路にたどり着く



芸術に新しいものはないといわれている。音楽でも絵画でも小説でも、そのジャンルでなしうる技法はやりつくされている。すでにあるものを再発見したり、組み合わせを変えたりして、新しさを演出しているにすぎない。技法としての新しさはなくなっても、現代は常に新しい。未来を見据えて現代に向き合いつづけることこそが、本質的な新しさというものだ。
それに新しい技法は知識や技術を蓄積して考え抜いた末にようやく発見できるものであって、文学的知識が乏しい新人に期待するようなものではない。無知で未熟ならば新しいことがやれるだろうという期待は間違いである。科学者ならば専門知識もない無知な人が新しい発見をするとは思わないだろうが、なぜか純文学では未熟な新人こそが新しいことができると妄信している節がある。
今の文壇の大御所作家連中でさえ思想的、技法的に新しい小説が何も書けてないにもかかわらず、新人にのみ新しさという最も厳しい評価基準が課せられている。まるで新卒の求人で3ヶ国語に堪能で難関資格もちで10年以上の経験があるスーパーマンを月給15万で募集するない物ねだりのような状況だ。そんな人間はどこを探してもいない。そして新しさを装った詐欺師のようなエセ作家が空疎で中身のない小説を新しいものとして喧伝するという悪循環に陥っている。



才能の縮小再生産



技術軽視の定番のほめ言葉が「感性」というやつだ。感性は個人の才能だけれど、技術ではない。誰かに教えられるものでもなく、真似できるものでもない。技術が伴っていないのに感性を評価して未熟な作家をデビューさせてしまうパターンが特に若い女性作家に多く、デビューしたもののその後はそれ以上伸びないまま消えてしまう。
技術や思想なら洗練されて進歩していくものの、感性は進歩しない。感性頼みで描かれた小説というのは出来栄えにむらがあり、たまたまいい小説が描けて芥川賞をとることはあるものの、その後にそれ以上の品質の小説を書き続けられるわけではない。編集者は創作者ではないから、だめな小説の書き直しをさせることはできても創作の技術を教えることはできない。誰も新人に技術を教えないので、感性を評価された作家はいつまでたっても感性頼みで技術が下手なままなのだ。
さらに悪いことには、日本の純文学は技術を洗練させる方向へ行かず、むしろ特異な感性自慢に向かってしまった。目立ちたがりの作家が特異な感性を見せびらかすように身の回りのキチガイじみたできごとを垂れ流して、小説というよりも随筆のようなものばかり書いてマンネリに陥って、自然主義私小説と同じ袋小路に入っている。


ref: なぜ日本の純文学はつまらないのか | 三角猫の巣窟 - 楽天ブログ - https://plaza.rakuten.co.jp/sankakuneko/5000/


コメント


・私は純文学はおろか文芸一般にも全くの門外漢だが、上のソース記事でなされている様々な指摘は、さもありなんという気がする。

・ソース記事の著者は「現在の日本における」純文学にはかなり絶望しているが、海外の純文学やこうあるべきだという理念的な純文学に依然として人間の本質に迫る普遍的価値、つまり文学的芸術性を見ているようだ。

・だが、今の日本社会で、学生、社会人を含めた一般人にはもう「人間の本質に迫る普遍的価値」なんて御大層なものは必要とされなくなったのではないか。つまり実質的に無視可能なごく少数の変人を除けば、もう誰も純文学(に纏わる幻想)を必要としなくなったのでは。

・一般人にとって携帯電話機とソーシャル・メディア、ネット動画さえあればもう、そこそこ足りてしまい、純文学はおろか、文芸一般にも切実な渇きを覚えなくなったのだと。

・あえて極論を言えば、人々は半分、ゾンビ化している。ゾンビとしての人生なら「人間の本質に迫る普遍的価値」など不要だし、携帯電話機やソーシャル・メディアをポチポチ弄って一生をやり過ごせる。

・それに、「人間の本質に迫る普遍的価値」にしたところで、確たる実体や基盤があるわけもなく、「人間は本来、すべて平等」みたいな幻想としての抽象的概念(=全体の空気、漠然と形成された社会的合意)でしかない。

(2020-02-06)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR