100万回再生された啓発動画:貧乏人に特有な 15 の行動習慣 (途中:その1)

はじめに


・この手の啓発動画は Youtube に溢れているが、再生回数が100万回を超えるものは限られる。

・下の動画もどうせ大したことは言っていないだろう…と思いながら冒頭だけチョロッと味見するつもりで視たら、予想外に面白くて最後まで視てしまった。(だが、意外性はあまりない。誰もが知っている内容が多い。)

・「そんな行動習慣を続けているから、お前は貧乏人のままなんだよ! 金持ちにそんな行動習慣はないよ」という話。

抜粋(デタラメ)









動画(13:25)


・15 Things Poor People Do That The Rich Don’t


(2017-06-25)

当面、溜まったネタを消化する事を優先し、記事の質を大幅に下げる方針 (+さらに後退)

要旨


・主観的に、この Blog の最大の問題は…

  ・(A) 溜まったネタが消化しきれず、腐らせてしまう事。
  ・(B) ネタの一部をなんとか消化して記事にしても、すぐに放置状態になる事。

・その対策として当面、記事の質を大幅に下げることを試みる。つまり質より量で行く。

・長短あるだろうが、とりあえず試してみる。

・当面、(A) の対策を優先。手が回らないので (B) は放置。


(A) の対応


・個々の記事の作成に要する時間を大幅に下げる。

・それによる個々の記事の質と文章量を大幅に低下させる。

要するに


・全般的に記事の質と完成度を現状より大幅に下げる。

履歴


(2017-05-27) 作成
(2017-06-01) 追加、変更

Simon Black:オスマン帝国では印刷機の使用は死刑

はじめに


・タイトルの件、初耳、記録。

・印刷機の発明→暗黒時代のヨーロッパを革新→ルネッサンスへ。…という論旨。

引用



In 1483, just as Johannes Gutenberg’s new moveable type printing press was spreading across Europe, Sultan Bayezid II of the Ottoman Empire issued a staunch decree banning the machine from his realm.

At the time the Ottoman Empire was the dominant superpower in the world, having conquered most of the Middle East, North Africa, and southeastern Europe.

But Bayezid was afraid of the new technology.

He and his advisors felt that the printing press would too easily allow information and new ideas to spread across his empire.

And they believed this would threaten their control and offend the religious establishment.

So not only did Bayezid ban the printing press, he imposed the death penalty upon anyone caught using one.

The Ottoman Empire remained so closed off to new ideas, in fact, that the only western book to be imported and translated for the next 3 centuries was a medical text on the treatment of syphilis.

Needless to say the Ottoman Empire did not remain the world’s dominant superpower for long.

It was during this period that Europe underwent radical growth.

Just a few centuries before, most of Europe was nothing more than a plague-infested backwater of irrelevant kingdoms.

But by the mid-1600s, Europe had surged ahead, in part due to the rapid spread of knowledge made possible by the printing press.

Ref: https://www.sovereignman.com/trends/the-real-reason-to-own-bitcoin-21892/


(2017-06-01)

当面、溜まったネタを消化する事を優先し、記事の質を大幅に下げる方針

要旨


・主観的に、この Blog の最大の問題は…

  ・(A) 溜まったネタが消化しきれず、腐らせてしまう事。
  ・(B) ネタの一部をなんとか消化して記事にしても、すぐに放置状態になる事。

・その対策として当面、記事の質を大幅に下げることを試みる。つまり質より量で行く。

・長短あるだろうが、とりあえず試してみる。

(A) の対応


・個々の記事の作成に要する時間を大幅に下げる。

・それによる個々の記事の質と文章量を大幅に低下させる。

(B) の対応


・記事の追記の頻度を上げる。その代償として追記の文章量と質を下げる。

要するに


・全般的に記事の質と完成度を現状より大幅に下げる。

(2017-05-27)

Doug Casey:西洋文明の特質は「個人の自由」と「合理的思考」にある

はじめに


・いかにも Doug Casey らしい、タイトルの趣旨の文明史観を紹介する。

抜粋(デタラメ)


・他の文明が集団を中核に据えたのに対し、西洋文明は個人を中核に据えた。

・他の文明が神秘主義と迷信でこの世界に対処したのに対し、西洋文明は論理と理性で対処した。

・科学や技術の発展は、この西洋文明の特質である「個人の自由」、「合理的思考」、そして資本主義のもたらした成果である。科学や技術が要因なのではない。

引用



Doug Casey: Western Civilization has its origins in ancient Greece. It’s unique among the world’s civilizations in putting the individual-as opposed to the collective-in a central position. It enshrined logic and rational thought-as opposed to mysticism and superstition-as the way to deal with the world. It’s because of this that we have science, technology, great literature and art, capitalism, personal freedom, the concept of progress, and much, much more. In fact, almost everything worth having in the material world is due to Western Civilization.

...

But I want to re-emphasize that the science, the technology, and all the wonderful toys we have are not the essence of Western Civilization. They’re consequences of individualism, capitalism, rational thought, and personal freedom. It’s critical not to confuse cause and effect.


Ref: http://www.internationalman.com//articles/doug-casey-on-the-end-of-western-civilization

コメント


・Doug Casey のこの主張は一見すると分かり易いが、過度に理想化・単純化している。

・西洋文明…というとすぐに近代ヨーロッパ文明と同一視しがちだが(上のソースでもギリシャ文明がその母体だと Doug Casey が述べている)、長らくイスラム文明の方が栄え、ヨーロッパはいわば野蛮な未開地帯だった。そしてイスラム文明は長らく科学技術をリードしていた。

・近代ヨーロッパで(今の西洋文明の基盤となった)ルネッサンスが生じたのは、キリスト教会があったからだ…と私は思っている。キリスト教会(やキリスト教思想)の優れた点が影響を与えたという意味ではない。キリスト教会があまりに酷く腐敗したが故に、その反作用としてルネッサンスが生じたのだと。

・イスラムやユダヤ教会はキリスト教会ほど酷くは腐敗しなかったために、ルネッサンスを生みだすほどの反作用をもたらさなかったのだと。

・フランス王政が酷く腐敗したが故に、反作用としてフランス革命が生まれた…という歴史と共通するものがあるのかも。アメリカの独立もイギリスの圧政があったからだし。

(2017-05-07)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR