FC2ブログ

当サイトの Blog 記事作成の方針(常に最上部に表示)

はじめに


・本 Blog の記事作成に関する方針を説明しておきたい。後に妙な誤解が生じるといけないので、予防策というか釈明というか。

・他の記事と異なり、この告知記事だけは常に最上部に掲載し、古くなった前日の告知記事は削除する。ただし、この告知記事の内容を変更した場合、変更前の告知記事は削除せず残し、履歴にも記載する。(2019-08-31より適用)

英語力が無いため内容はデタラメ


・私は哀れなほど低い英語力で海外の UFO や超常現象に関する情報を漁っている。そうやって拾い上げたネタの一部が、当サイトの Blog 記事となっている。

・英文法も知らず、英文読解力も、英会話の聞き取り能力もないので、当然ながら私が作成した翻訳記事の内容は全てデタラメでしかない。

・なのでソース記事へのリンクに最も価値がある。言い換えればソース記事へのポインタとしての価値しかない。

・この理由で長々とした記事翻訳は自粛する。メモ書き or キーワードの羅列 レベルに留める方がデタラメ記事による弊害が少ないし、記事作成の手間も軽減できる。

修正に関する方針


・マトモな Blog ならば充分な推敲を重ねた上で決定稿を up するのが筋だろうが、あいにく私の Blog は外道の Blog なので、デタラメな内容の上に文章の推敲すらしない。時間が来たら記事が途中半端であってもお構いなしに up することにしている。

記事を投稿直後から 12時間以内の間の修正は特に断らない方針


・当然、誤記や記憶の誤りに基づく錯誤が大量に混入する。なので up してから見直し、気づいた範囲かつ、時間が許す範囲で事後処理としてある程度、訂正している。そのため、 up した直後から 12時間程度の修正は私の意識の中では依然として記事の編集、推敲の最中。

・なのでその時点での修正は特に断らない方針でいる。さすがに up してから 12時間以上経過した記事を修正した場合は記載するつもり。

・そのような事をいちいち気にする読み手がいるとは思わないが、一応。

外国人の名前のカタカナ表記は避ける方針


・人名のカタカナ表記を避け、英語名表記を優先させる。理由は…

・表記の揺れが起こりうるので、検索に向かない。例えば、Emanuel Swedenborg (スウェーデンボルグ or スヴェーデンボリ)、Issac Asimov(アシモフ or アジモフ)、Ronald Reagan(リーガン or レーガン)など。

・カタカナ表記に変えた時点で情報量が欠落する。カタカナ表記からオリジナルの表記を復元するが面倒 or 困難。オリジナル・ソースは英語なのでカタカナ標記では検索に不向き。

・記事作成に無駄な手間を要する。

敬称は省略


・このブログでは(第三者については)敬称を省略している。たとえば Scott Adams とか Trump と呼び捨てにしている。アメリカ人だけ差別するわけにはいかないので、日本人の場合も敬称は省略する。

・記事の中でそれが意味を持つ場合(例:学術的な称号によって専門家であることが明確になる)、博士や教授などの称号を名前に追加することがある。同様に、社会立場を明確にする必要がある場合は、将軍や議長などの役職名を付与する。

ソーシャル・メディアとの連携について


・ソーシャル・メディアは弊害の方が大きいと判断したので、当サイトの Blog 記事とソーシャル・メディアとの連携は行わない方針。

この Blog の読者数は 数十人/日


・5-6 年前(もっと前かも)に FC2 Blog 側が用意しているアクセス数確認ツールを一か月間ほど設置した時の計測値値では、読者数は平均で 数十人/日、最大でも 200-300 人/日 程度だったと記憶している。

・それ以降、計測していないが、たぶん現在も 数十人/日 レベルの筈。数人/日であっても驚かない。

お願い


・RSS リーダーは上述の記事修正を全く反映しないものが多いので(例:Feedly)、RSS リーダーで直接、この Blog 記事を読むのは全く勧められません。未修正の情報を読む事になります。

・この Blog 開設時のメール・アカウントにアクセスしないため、コメントは公開でお願いします。同じ理由で削除依頼などの連絡もコメントでお願いします。


記事の方針に関する他のメモ


  業務連絡:個々の記事は単一テーマに絞る方針。(2018-05-24)

  当面、溜まったネタを消化する事を優先し、記事の質を大幅に下げる方針 (+さらに後退) (2017-06-01)

  途中で放置の記事が多い理由(途中:その1…ω) (2014-10-03)


履歴


(2016-07-17) 作成
(2017-04-18) 再掲
(2017-07-11) 内容追加、再掲
(2017-10-28) 再掲、内容追加。
(2018-01-24) 再掲、内容変更、追加。
(2018-04-20) 再掲、内容変更、追加。
(2018-08-09) 再掲、内容変更、追加。
(2018-12-31) 再掲、内容変更、追加。
(2019-05-26) 再掲、内容変更、追加。
(2019-08-31) 掲載方式を変更、内容も変更。

榊 淳司 : マンション売却を大手業者に依頼してはいけない。

はじめに


・榊が専門家(不動産ジャーナリスト)として、有益なアドバイスをしている。

・両手を 2回、それを大手業者はどこでも当たり前のようにやっている…と。

動画(8:90)


6,297 views,May 15, 2019
・マンション売却を大手業者に依頼してはいけない by 榊淳司


(2019-11-15)

業務連絡:コメントを頂いた記事は修正を避ける方針

理由


 ・従来のように修正のために新たに追加記事を作成すると、実質的に修正前の記事に頂いたコメントが軽視されてしまう。

 ・かと言って、元の記事を修正すると、頂いたコメントとの対応関係にズレが生じる。

 ・(手間ではあるが)コメントの流れを見れば、元記事のミスは把握できる。

未検討


・コメントを頂いた記事の場合、従来の

なんとかかんとか(+追加)

 みたいな「記事の追加」はどう処理するのか…これについては別途考えたい。

・コメントへのリンクで対処できれば、それで良さそうに思えるが、はたして…

(2019-11-14)

Yuval Harari の駄目な所:中国共産党の人権侵害・弾圧に目をつぶり、逆に擁護。

はじめに


・Yuval Harari は極めて有能な人間だが、彼もしょせんは人間なので、駄目な面も抱えている。その駄目な面を覗かせたシーンが下。

一部引用


・39:00 から 42:30 まで。

・ホストが Yuval Harari に質問。中国(共産党)は人権をひどく侵害していると思うか?

・Yuval Harari の回答 :

  ・(a) その問題(酷い人権侵害)は込み入っている。国家には良い面もあれば悪い面もある。

  ・ここ数年、西側諸国は中国に対してヒステリックになっている。

  ・西側諸国は中国に対して、経済的にも技術的にも、力による競争をしかける姿勢をとっている。

  ・そのような西側諸国の姿勢はより激しい力の競争と危険な衝突をもたららす。

  ・(b) 中国は(IT 技術を用いた人権抑圧を)望まないが、西側との競争のためにするしかない。

  ・アメリカが自由世界の指導者の立場を捨て、自国の利益を最優先にしたことも影響している。

講演動画(1:45:55)


・65,800 views,Jul 13, 2019
・Hacking Humans - Yuval Noah Harari Roundtable at EPFL


コメント


・中国の極端な人権侵害(国民監視、弾圧体制)について Yuval Harari は Ken Roth の直前に発言しているが、Ken Roth が明確に中国共産党を批判しているのに比べ、 Yuval Harari の発言は中国(共産党)に対する擁護の姿勢が露骨。

・上の

  ・(a) その問題(酷い人権侵害)は込み入っている。国家には良い面もあれば悪い面もある。

 という Yuval Harari の発言は「中国共産党による人権侵害に目をつぶれ」と言っているのと同じ。

・さらに

  ・(b) 中国は(IT 技術を用いた人権抑圧を)望まないが、西側との競争のためにするしかない。

 という発言は、露骨かつ幼稚な中国擁護。何の裏付けもなく憶測だけで中国を擁護している(*1)。

脚注


・(*1)中国擁護…

  ・上の箇所の他に、さらに 51:50 でも、中国は仕方なく監視体制を取らざるを得なくなっているのかも…と中国擁護の発言をしている。

  ・Yuval Harari はグローバリズムの礼賛者ゆえ、グローバリズムを支持する中国(*2)への批判は避けたいのだろう。

  ・だが、それだけが Yuval Harari の中国擁護の動機だとは思い難い。彼の思想や知性のレベルからすると、このような中国擁護は全くふさわしくない。もっと止むに止まれぬ理由があるような気がする。

・ハッキリ言おう。 Yuval Harari は中国での招待講演の折に(中国共産党の得意技である)「特殊な接待」を受け、中国共産党に弱みを握られている可能性がありはしまいか。

・Yuval Harari の ダボス会議での基調講演の時に、彼が背景映像として選んだのは中国産のスーパー・コンピュータだった。そのシーンを見た時、一抹の疑念を覚えた。今回の中国擁護の発言でその疑念はより深まった。

・仮に「特殊な接待」が理由でないとすると、それはイスラエルと中国の関係を配慮したものかも知れぬ。彼がイスラエル政府やその政策を批判した発言を私は知らない。

・(*2)中国のグローバリズム支持…
  ・中国はグローバリズムを建前として支持し、実際は自国の利益のために悪用している。

(2019-11-11)

榊 淳司:京アニ事件:京都府警は失態を隠蔽しようとしているのでは?

はじめに


・私はアニメにはあまり関心がない。なので、京アニ事件もガソリン放火で大勢の死傷者が出た…程度の浅い理解しかないが、榊は(京都が出身なこともあり?)京都府警と京アニの発表を関心をもって見聞きし続けてきたという。

・その榊がタイトルの疑念を語っている。ありえそうだ

該当箇所


・8:00 あたりから核心。

動画(10:56)


600 views,Nov 8, 2019
・京アニ事件の義援金が32 6億円も集まっていたのか! 真相究明はまだだよ by榊淳司


(2019-11-09)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR