FC2ブログ

当サイトの Blog 記事作成の方針(常に最上部に表示)

はじめに


・本 Blog の記事作成に関する方針を説明しておきたい。後に妙な誤解が生じるといけないので、予防策というか釈明というか。

・他の記事と異なり、この告知記事だけは常に最上部に掲載し、古くなった前日の告知記事は削除する。ただし、この告知記事の内容を変更した場合、変更前の告知記事は削除せず残し、履歴にも記載する。(2019-08-31より適用)

英語力が無いため内容はデタラメ


・私は哀れなほど低い英語力で海外の UFO や超常現象に関する情報を漁っている。そうやって拾い上げたネタの一部が、当サイトの Blog 記事となっている。

・英文法も知らず、英文読解力も、英会話の聞き取り能力もないので、当然ながら私が作成した翻訳記事の内容は全てデタラメでしかない。

・なのでソース記事へのリンクに最も価値がある。言い換えればソース記事へのポインタとしての価値しかない。

・この理由で長々とした記事翻訳は自粛する。メモ書き or キーワードの羅列 レベルに留める方がデタラメ記事による弊害が少ないし、記事作成の手間も軽減できる。

修正に関する方針


・マトモな Blog ならば充分な推敲を重ねた上で決定稿を up するのが筋だろうが、あいにく私の Blog は外道の Blog なので、デタラメな内容の上に文章の推敲すらしない。時間が来たら記事が途中半端であってもお構いなしに up することにしている。

記事を投稿直後から 12時間以内の間の修正は特に断らない方針


・当然、誤記や記憶の誤りに基づく錯誤が大量に混入する。なので up してから見直し、気づいた範囲かつ、時間が許す範囲で事後処理としてある程度、訂正している。そのため、 up した直後から 12時間程度の修正は私の意識の中では依然として記事の編集、推敲の最中。

・なのでその時点での修正は特に断らない方針でいる。さすがに up してから 12時間以上経過した記事を修正した場合は記載するつもり。

・そのような事をいちいち気にする読み手がいるとは思わないが、一応。

外国人の名前のカタカナ表記は避ける方針


・人名のカタカナ表記を避け、英語名表記を優先させる。理由は…

・表記の揺れが起こりうるので、検索に向かない。例えば、Emanuel Swedenborg (スウェーデンボルグ or スヴェーデンボリ)、Issac Asimov(アシモフ or アジモフ)、Ronald Reagan(リーガン or レーガン)など。

・カタカナ表記に変えた時点で情報量が欠落する。カタカナ表記からオリジナルの表記を復元するが面倒 or 困難。オリジナル・ソースは英語なのでカタカナ標記では検索に不向き。

・記事作成に無駄な手間を要する。

敬称は省略


・このブログでは(第三者については)敬称を省略している。たとえば Scott Adams とか Trump と呼び捨てにしている。アメリカ人だけ差別するわけにはいかないので、日本人の場合も敬称は省略する。

・記事の中でそれが意味を持つ場合(例:学術的な称号によって専門家であることが明確になる)、博士や教授などの称号を名前に追加することがある。同様に、社会立場を明確にする必要がある場合は、将軍や議長などの役職名を付与する。

ソーシャル・メディアとの連携について


・ソーシャル・メディアは弊害の方が大きいと判断したので、当サイトの Blog 記事とソーシャル・メディアとの連携は行わない方針。

この Blog の読者数は 数十人/日


・5-6 年前(もっと前かも)に FC2 Blog 側が用意しているアクセス数確認ツールを一か月間ほど設置した時の計測値値では、読者数は平均で 数十人/日、最大でも 200-300 人/日 程度だったと記憶している。

・それ以降、計測していないが、たぶん現在も 数十人/日 レベルの筈。数人/日であっても驚かない。

お願い


・RSS リーダーは上述の記事修正を全く反映しないものが多いので(例:Feedly)、RSS リーダーで直接、この Blog 記事を読むのは全く勧められません。未修正の情報を読む事になります。

・この Blog 開設時のメール・アカウントにアクセスしないため、コメントは公開でお願いします。同じ理由で削除依頼などの連絡もコメントでお願いします。


記事の方針に関する他のメモ


  業務連絡:個々の記事は単一テーマに絞る方針。(2018-05-24)

  当面、溜まったネタを消化する事を優先し、記事の質を大幅に下げる方針 (+さらに後退) (2017-06-01)

  途中で放置の記事が多い理由(途中:その1…ω) (2014-10-03)


履歴


(2016-07-17) 作成
(2017-04-18) 再掲
(2017-07-11) 内容追加、再掲
(2017-10-28) 再掲、内容追加。
(2018-01-24) 再掲、内容変更、追加。
(2018-04-20) 再掲、内容変更、追加。
(2018-08-09) 再掲、内容変更、追加。
(2018-12-31) 再掲、内容変更、追加。
(2019-05-26) 再掲、内容変更、追加。
(2019-08-31) 掲載方式を変更、内容も変更。

子猫(生後 8か月)の償い:噛み切ったイヤフォン・コードの償いに…

抜粋(デタラメ)


・子猫(生後 8か月)が、白いイヤフォン・コードとじゃれ遊んで噛み切ってしまった。

・飼い主は子猫を叱りつけた。しばらくして子猫が小さな白い蛇を持ち帰ってきた。どうやら、噛み切った白いイヤフォン・コードの代わりにこれで…というつもりらしい。

・自宅の周辺に蛇は少なく、子猫は苦労して蛇を探し、仕留めて持ち帰ったらしい、と。

一部引用



20200110_kitten.jpg

20200110_kitten2.jpg

20200110_kitten3.jpg


If there’s something cat lovers can all agree on, it’s that kitties are just cute and naughty at the same time. They’re mischievous and know that with just a cute stare and a cuddle, they will be forgiven immediately. Just like Haryanto Pherwirra Ramadhani’s 8-month-old cat, who likes to play, and sometimes… destroy things.

One time, he left his earphones on his bed and the curious little kitty played with them. After biting and scratching them for a while, he inevitably broke them. When Haryanto saw the cable torn in half, he got really angry and scolded the kitty, who immediately ran away.

Later on, the cat came back with his own peace offering: he caught a snake and offered it as a gift to Haryanto to replace the cable he had ruined. Snakes are scary even when they’re as tiny as an earphone cable, but the little cat probably thought his human would have been happy to have one to replace the cable he destroyed. If this isn’t the most wholesome thing ever, I don’t know what is.

Haryanto was surprised by his kitty’s gift, and felt bad for scolding his furry friend. Snakes are rare in his neighborhood, so the cat must have put a lot of effort in finding something to ‘replace’ the earphones.
Obviously, Haryanto forgave his little friend, since it’s the thought that counts, especially for kittens, and the wholesome post he wrote about the whole situation on an Indonesian group went instantly viral.


ref: Kitten Breaks His Owner's Earphone Cable And Returns With Snake As A Replacement - http://justsomething.co/kitten-breaks-his-owners-earphone-cable-and-returns-with-snake-as-a-replacement/


コメント


・ソース記事は若干、擬人化しすぎているかも知れない。

・ただ、人間が売店で紙幣を渡して売店の売り子から食品を受け取る場面を見慣れていた犬が、彼のカネ(木の葉)を咥えて売店の売り子に渡し、クッキーを「買って」いる映像があるので、猫もこの程度の認識はあるのかも。


Money DOES grow on trees! Clever dog ‘buys’ cookies every day after creating its own currency using leaves

20200110_dog.jpg


ref: Clever dog ‘buys’ cookies after creating own currency using leaves? | Daily Mail Online - https://www.dailymail.co.uk/news/article-5717641/Clever-dog-buys-cookies-day-creating-currency-using-leaves.html




(2020-01-10)

予想:絶望した人々の最後の希望を、中国が叶える。

はじめに


・正月だし、たまには希望を持てる明るい話題で、ご機嫌伺い。

絶望した人々


・高齢化に伴い今後、健康を酷く損なって絶望した人々がますます増える筈。

・どんなに苦しくとも、死を望んでも、医療制度によって無理やり生かされてしまう事例が急増する。

・安楽死は先進諸国ではそうそう簡単には実現しない。ネットで自殺用の薬剤(死刑執行でも用いられるアレ)を売っているが、安全確実な入手はそれなりに面倒。

一方、中国では…


・中国も少子高齢化が急速に進行している。

・たぶん、中国共産党は社会保障支出増加による財政破綻を回避するためにいずれ高齢者の安楽死を積極的に認めることになる筈。

・そうなれば、安楽死の需要と供給が中国で噛み合うことになる。

・そこで…

将来、中国への安楽死片道ツアーが流行る


・…のではないか? 行きは生身の航空便でも、帰りは骨壷の中に収まり、貨物船のコンテナで戻るので旅費も格安w

・数十年も先になるが、私なら骨壷などという贅沢は不要。現地での自然散骨でも道路用アスファルト混入でも構わない。そういう意味で私も中国の未来には大いに期待している。

その他


・これは公開予約した書き貯め記事。PC が回復不能の不調に陥りそうな気配があるゆえ。

(2019-12-30)

業務連絡:PC 不調でしばらく休止する可能性

…があります。

・なんとか起動させたが、長くは持ち堪えられそうにない感触。

(2019-12-30)

榊 淳司 : マンション売却を大手業者に依頼してはいけない。

はじめに


・榊が専門家(不動産ジャーナリスト)として、有益なアドバイスをしている。

・両手を 2回、それを大手業者はどこでも当たり前のようにやっている…と。

動画(8:90)


6,297 views,May 15, 2019
・マンション売却を大手業者に依頼してはいけない by 榊淳司


(2019-11-15)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR