Guy Kawasaki の良く練られた講演動画

はじめに


・私は Apple のエバンジェリスト(熱烈な支持者)には近寄らない事にしているが、かつて Apple に勤務した本物の「エバンジェリスト」(元チーフ・エバンジェリスト)が Guy Kawasaki で、彼の Ted 講演を紹介する。

・彼の講演から、一箇所だけ取り上げると…

抜粋(デタラメ)


・2:45 あたり。動画の再生開始時刻を設定済み。

・自分の人生(or 自社)の目的、意義を 2, 3語でまとめ上げよ。それをマントラとせよ。

講演動画(21:15)


・The art of innovation | Guy Kawasaki | TEDxBerkeley


(2017-10-21)

3年以上かけてビルマから故郷のイギリスまで大半を徒歩で戻ってきた老齢夫婦 (途中:その1)

はじめに


・事実ならかなりの冒険談…という話を見かけたので紹介する。

・旅の途中、軽飛行機やフェリーも利用したというが、それでも凄い話。

抜粋(デタラメ)









引用



Have you ever met someone only for 2-3 days but remembered them your whole life?



Gordon Bonnet, works at Writers and Authors
Answered Sep 21

Yes, and it wasn’t even two or three days, it was more like twenty minutes.

When I was in my 30s I did a solo hiking trip across England, from the Irish Sea to the North Sea. When I was in a little village near Hadrian’s Wall I saw an old lady, maybe 75 years old, walking toward me. She looked like she could have stepped right out of an Agatha Christie novel - pastel dress, sensible shoes, a hat with a bow, even a parasol to keep the sun off.

As she passed me, she gave me a smile and said, “Are you out for a ramble?”

I told her about the hiking trip I was on.

Her smile broadened, and she said, “Oh, lovely! I do so love a nice ramble. You know, my husband was in the foreign service, and when he retired, we walked home from Burma.”

I stared at her, thinking I must have misheard her. Or, perhaps, there was a town ten miles away named “Burma.” She must have noticed my astonishment, because she continued to explain. “You see, we were stationed in Rangoon, and when he retired, we had nowhere we had to be. So we decided to walk home. We crossed into Bangladesh, and then into India, trekked up into Nepal and across the northern parts of Pakistan. We were fortunate, because having been in the foreign service for decades, we knew people all through the region - they were all former British colonies, of course.

“We did take a light plane across Afghanistan, which was a bit dicey even back then. But we had a lovely time crossing up through the Middle East, then into Turkey. We crossed the Bosporus on a ferry, then went through Greece and into northern Italy, crossed the Alps into France, and when we got to the Channel we took the ferry across that, too. And presto, we were home!”

Presto indeed. I asked her how long it took them.

“Oh, a little over three years, I think.” She laughed. “We weren’t really keeping track very well, I’m afraid.”

And, as it turned out, she and her husband did all this when they were in their upper 60s.

I’ll never forget that experience - talking with the little old lady who bested my hiking experience in the sweetest, most understated fashion possible… the little old lady who “walked home from Burma.”

Ref: https://www.quora.com/Have-you-ever-met-someone-only-for-2-3-days-but-remembered-them-your-whole-life


コメント


・気になるのは、この話が事実ならとっくにニュースになっていそうなものだが、そのような様子がないという点。この老女は彼女の体験を通りがかりの男に話しかけた位だから、故郷でもだれかれ構わず喋った筈。

・さらに、この話全体に幾つも不自然な箇所が指摘できる(税関書類、貧しい老夫婦が徒歩で踏破できる旅程ではない…など)。

・なので…。この老女の作り話的なジョークを Gordon Bonnet が信じ込んだだけ、あるいはこの話全体が彼の作り話だった…という可能性が高いのでは。

(2017-10-09)

Bert Kreischer:ロシア語の研修旅行で、マフィアの仲間として列車強盗に参加 (途中:その1)

はじめに


・Bert Kreischer は俳優、独演タイプのコメディアン、TV 番組ホストを務めるタレント。


Albert "Bert" Kreischer is an American stand-up comedian, actor, and reality television host.

Ref: https://en.wikipedia.org/wiki/Bert_Kreischer


・その彼が、彼自身の体験したタイトルのような「破天荒な逸話」を語っているので紹介する。その喋り自体が芸になっている。

・最初の動画の方が観客向けの芸となっているので、面白い。二つ目の動画は本人によるその要約的解説で、情景シーンのイラスト付き。最初の動画には字幕が付いているが、分かりやすいのは二つ目の動画。なので、リスニング能力に自信がない人は二つ目の動画を先に聴いてから、最初の動画を見るとよく理解できる筈。

抜粋(デタラメ)







独演コメディ(字幕付き)


動画(13:51)
・Bert Kreischer - Russian Mafia (The Machine Story)


本人が手短に語る逸話。分かりやすい。


動画(9:25)
・Bert Kreischer is the Machine


コメント


・この逸話は、かなり大きな尾ひれが付いているとは思うが(2つの動画間で本人の語る事件内容に若干の差異があるし)、それにしても破天荒過ぎる。

(2017-09-30)

Scott Adams:仕事で、常に「達成は無理だ」と主張する反対者を説得する方法 (途中:その1)

はじめに


・Scott Adams の体験談を紹介する。

・仕事で同様の立場にある人の参考になるかも…w

概要(デタラメ)


・彼が昔、大手電話会社に勤めていた時の事。

・彼はプロジェクトを指揮していた。チームのメンバーに課題を割り振ってプロジェクトを管理していたが、いつも様々な理由を挙げて割り当てた課題が達成困難だと主張する人物がいた。その人物がいつもプロジェクトの障害となっていた。

・当時、彼は催眠術を習っていたので、催眠術の講師に相談したら…






該当箇所


・5:40 から。動画の再生開始時刻を設定済み。

動画(1:00:18)


・Scott Adams And Stefan Molyneux Discuss Trump's Chances to Win


(2017-09-24)

ユダヤ人がイスラエルの欺瞞を告発

はじめに


・イスラエルの欺瞞と二重規範を、ユダヤ人が告発した講演動画を紹介。

該当箇所


・3:00 あたり。動画の再生開始時刻を設定済み。

講演動画(1:08:30)


・An honest Israeli Jew tells the Real Truth about Israel



コメント


・イスラエルの欺瞞で思い出すのは下の過去記事の映画のシーン。イスラエルはナチスと同じだった…という主人公の最後のセリフ。


 だが映画、「戦場でワルツを(原題)WALTZ WITH BASHIR」は監督が軍務についていた時の実体験だという。
 pict055.jpg


主人公は、コノとき従軍していたわけですが、ソノときの記憶が消えているわけです。

とくにベイルートのパレスチナ難民キャンプでの大虐殺事件、そのとき現場にはいないはずなのに、
それが悪夢となり、気になって仕方ありません。

その記憶を探すため、その作戦に従軍した人々を尋ねていって、徐々に記憶がつながっていく
物語です。
Ref: http://blogs.yahoo.co.jp/kyumaeido/60654458.html


Ref: UFO 目撃者の記憶喪失 (2011-12-21)


(2017-09-23)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR